以前に、テレビで放送されていた”豪邸住まいの方の実態”について書きたいと思います。

豪邸に住んでいる方は、2つのパターンが考えられます。

①自分で成功し、購入した住宅

②先祖代々受け継がれてきた住宅


①については、自分の意思で住宅を購入しているので、何かあった時は自分の責任だと思います。まあ成功している方は、成功し続ける為に並々ならぬ努力をされていますので、私のような人間がとやかく言ってはいけません汗

 

さて。私が見たテレビは、②の方達のお話でした。

生まれた時から豪邸に住んでいる方は、自分の意思とは関係無く豪邸に住み、その土地や住宅を引き継ぐわけです。

以前に”高級住宅街でも空き家が増えている”という内容の記事を書きました。

【その記事はこちら】

日本全国で空き家が増加。人気の高級住宅街でも異変が起きている!

 

このテレビでは、『本当は売りたいけど。。。でもやっぱり売れない(売ることが出来ない!)』という方をメインに特集されていました。

理由はこうでした。

『先祖代々受け継がれてきた土地や建物を、私の代で手放す訳にはいかない!』

 

豪邸に住めば、『固定資産税』や『維持費』等もの凄い額のお金がかかります。

自分で成功した方であれば、それなりの収入があって、このようなことを考えた上で購入したわけですから、ある程度は大丈夫だと思います。

 

しかし、(豪邸住まいの方で莫大な資産(お金)がある方は別ですが)土地&建物だけで資産(お金)に余裕が無い場合、『固定資産税』や『維持費』に追われる生活になります。

 

そのテレビで特集されていた方は、月々の生活費を切り詰めて切り詰めてなんとか生活をしているそうです。

『売ることが出来たらどんなに楽だろう』






お子様がいらっしゃる方は、そのお子様が大きくなって継ぐ時、お子様が同じ思いをするのかもしれません。。。

 

私にとっては、この事実は衝撃以外のナニモノでもありませんでした。

『豪邸に住んでいる方=裕福な生活をしている』と勝手に思っていましたから汗

 

住宅街を歩いていても

「うわぁ。この家大きいなぁ。庭も建物も大きすぎる!っていうか、ここのエリア一帯みんな家が大きいじゃん。羨ましいなぁ。。。」

なんて思っていましたが、その一帯の中には『固定資産税』や『維持費』で悩んでいる方がいるのかと思うと、少し見方が変わりそうです。

 

私は今、住宅造りの真っ最中です。これから見積もりが上がってきますが、少しお金について麻痺してきている部分もあります。

『せっかく造るんだから、多少予算オーバーでも納得出来る住宅を造りたい』

こう思ってしまう訳です。

 

私自身、この考えは間違っていないと思います。でも同じように別の角度から

『ローンはしっかりと返済出来るのか?』

『固定資産税に苦しまないか?』

をしっかり考えないといけないと感じました。

 

このテレビ特集を見て、気が引き締まりました。