分譲マンションを購入する際、いろいろなことを考えると思います。

『立地』『部屋の間取り』『階数』などなど。。。

そして、その中には『角部屋or中部屋』という項目も含まれている方が多いのでは???


『角部屋』『中部屋』という表現で、もう理解されているかと思いますが、念の為。。。

↑の絵の通りです汗

 

さて。

今日は『角部屋』『中部屋』の中から、『角部屋』にスポットを当てたいと思います。

いったい、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

【メリット】

①窓が多い為、風や光を取り入れやすい・・・

角部屋の大きなメリットの1つではないでしょうか?分譲マンションに限らず、賃貸でも角部屋は人気があり、少しだけ家賃が高かったりする物件もありますね。窓が多い分、高層階であれば景色も楽しめることが出来るのもメリットだと思います。

 

②騒音問題の軽減・・・

中部屋の場合、両側の隣人に気を使わないといけません。でも角部屋の場合は言わずもがな…です。角部屋だと”落ち着く”という方もいらっしゃいますね。

 

③プライバシー性が高くなる・・・

面している世帯が1つしか無いこと、共有スペースである廊下などから離れていることから(エレベーターの位置にもよりますが汗)、プライバシー性が高くなると考えられます。中部屋の場合は、玄関前を同じ階に住む住人が通りますからね。






では、次はデメリットです。

【デメリット】

①防犯面について・・・

高層階であれば問題ありませんが、角部屋は窓が多い為、防犯面は気をつけなければいけません。とは言っても1~2階あたりまでだとは思いますが。。。

 

②光熱費が高くなる可能性がある・・・

これも窓が関係してきますが、外気と接する部分(窓)が多くなる分、冷暖房が効きにくくなる可能性が出てきます。冷気・暖気は窓を介して外に流れていきますからね。

 

③道路に面している場合は、車の騒音に注意・・・

大きな道路や電車が通っているような立地の場合は、車や電車の騒音が気になるかもしれません。深夜・早朝関係無く大型トラックが通るような立地であれば、騒音対策が必要になります。

 

④金額が高くなる・・・

↑でも少し触れましたが、角部屋は中部屋に比べると少しだけ価格が高くなる可能性があります。まぁ人気がありますからね。

 

以上のような、メリット・デメリットが考えられます。

分譲マンションで角部屋の購入を検討している方は、上記のメリット・デメリットを頭に入れておくと良いと思います。

次回は、中部屋のメリット・デメリットを書きますね。

 

(追記)

中部屋の記事↓を書きました。

分譲マンションについて。中部屋のメリット・デメリットを教えて!