以前に、フローリングの色について悩んでいることを書きました。

【その記事はこちら】

打ちっぱなしコンクリートの壁に合うフローリングの色は???


過去記事を見てもらえば分かる通り、光沢のあるフローリングが第一候補ですが、私は無垢材の”温かみ・高級感”も捨てられず、色々と悩んでいます。

※私の場合、部屋の壁が打ちっぱなしコンクリートの為、壁とのバランスを一番に考えていますが

 

私が気になっている無垢材ですが、実は興味があっても最終的には採用しないケースが多いようです。

今日は、そんな無垢材のメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

※ちなみに。無垢材とは、一言で『加工(焼いたりetc)をしていない、いわゆる木そのまま』の素材を指します。

 

【メリット】

①見た目・・・

無垢材は”木そのまま”の為、見た目は高級感・温かみがあります。やはり加工等を一切していない”本物の木”にしか出せないメリットでしょう。以前に天然木or樹脂木(人工木)のウッドデッキについて書きましたが、天然木のウッドデッキ同様、無垢材のフローリングは足の裏が触れた際の肌触りが全然違います。

【ウッドデッキについての記事はこちら】

天然木のウッドデッキについて。メリット・デメリットを教えて!

樹脂木(人工木)のウッドデッキ。メリット・デメリットを教えて!!

 

②アレルギーに強い…

今の子供達は、喘息だったり鼻炎だったり、なにかしら1つはアレルギーを持っていると言われています。無垢材は加工をしていない為、身体にも優しいというわけですね。

 

③夏は涼しく、冬は暖かい…

これも無垢材の特徴ですね。”木”の断熱性は非常に高く、周りの温度に影響されないのが特徴なんです。

 

④湿度を吸収してくれる…

天然の木は、伐採されて住宅の一部になった後も呼吸をし続けています。湿度が高い夏場は木が水分を吸収してくれますし、逆に冬のように乾燥する季節は、内に溜めた水分を水蒸気として空気中に出してくれます。

 

では、次はデメリットを見ていきましょう。






【デメリット】

①コストが高い…

”木”を張り合わせた合板などと違い、一枚一枚が多く取れない無垢材はフローリングで使用する際、必然的に張る枚数が増えます。よってコストが高くなるというわけです。

また、フローリングに張っていく際、似たような木目をうまく張りつめていく為、職人さんの高い技術も必要になります。

 

②施工技術が高い…

メリットでは『湿度を吸収してくれる』と書きましたが、これは逆にデメリットにもなります。良質な木の無垢材でも乾燥が不十分であれば、湿気によって『反り返ってしまったり』『割れてしまったり』して、建築後のトラブルの原因となります。

木の乾燥はとても大事で、腕の良い大工は収縮の関係を知っています。

無垢材を十分に自然乾燥させて使用することが一番良いんですが、最近は施工期間等もあり、そこまで時間をかけて乾燥することが出来ないケースも増えています。その際は、事前に人工的に乾燥させた無垢材を使うわけです。

そんな無垢材の材質を頭に入れて、一枚一枚張っていくわけなので、にわかじゃ出来ないのは当たり前ですね。もし腕の悪い職人にお願いしたら、フローリングが歪んだり、凸凹になってしまう可能性があります。

 

以上のようなメリット・デメリットがあります。

 

無垢材のフローリングは高い技術を必要とする為、専門でない工務店は嫌がるところが多いそうです。

私の住宅は…と言うと。子供のことを考えるとアレルギーを気にしなくていい無垢材を選びたいとは思うのですが。。。

 

現実は、やはり合板になると思います。

私の場合は、”打ちっぱなしコンクリートの壁に合うフローリング”と考えると、どうしても無垢材の色が合わないような???

 

費用の問題もありますしね!(勝手に納得させていますが汗)

でも、腕のいい職人さんにお願い出来るなら、無垢材の方がやっぱりいいのかなぁ…というのが本音です。

 

(追記)

”無垢材”とは真逆の”集成材”に関する記事をアップしました。

【詳しくはこちら】

集成材とは一体なに?どんなメリット・デメリットがあるの???