高級感溢れる”タイルデッキ”。

テラスやバルコニーをつくる方は、”ウッドデッキ”にするか”タイルデッキ”にするか悩んだ方は、少なくないと思います。

私は、設計士の方からウッドデッキを勧められ、そのままウッドデッキにしてしまいましたが、タイルデッキが頭をよぎらなかったわけではありません。

私は、ウッドデッキの老朽化やシロアリ被害が、頭の片隅にありましたから。

【シロアリに関する記事はこちら】

シロアリ被害に強い住宅。果たしてシロアリが好きな家・嫌いな家は?

 

ウッドデッキについても書いていますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

【樹脂木の記事はこちら↓】

樹脂木(人工木)のウッドデッキ。メリット・デメリットを教えて!!

【天然木の記事はこちら↓】

天然木のウッドデッキについて。メリット・デメリットを教えて!

 

話を戻しましょう。

私は、タイルデッキであれば、ウッドデッキのように腐ってボロボロになったり、シロアリ被害が無い為『メンテナンス要らずで便利だなぁ』と思っていました。

 

そんなタイルデッキのメリット・デメリットをみてみましょう。

 

【メリット】

➀メンテナンスがしやすい・・・

タイルデッキの1番のメリットと言えるでしょう。仮に台風が去った後としましょう。デッキ上には無数の砂利や葉っぱ等が散らばっているとします。しかし、タイルデッキであれば、水で流せばそれでOKです。頑固な汚れが残っていたとしても、ブラシで擦ればOK。(ウッドデッキでは、このようにいきません)

 

②老朽化しない・・・

もちろん、形あるモノは必ず老朽化します。しかし、ウッドデッキに比べるとそのスピードは格段に遅いです。キレイに磨いていれば、10年後もピカピカを保つことが出来ます。

 

では、どんなデメリットがあるのでしょうか???




【デメリット】

➀直射日光が当たり続けると、表面温度が熱くなる・・・

夏場は、ヤケドするくらい熱くなります。裸足のまま、デッキに出るのは難しいかもしれませんね。

 

②デッキの周りも熱くなる・・・

タイルデッキ自体が熱を持つことで、周りも熱くなります。デッキ側から風が入ってくる場合、熱を持った風が入ってくる可能性があります。

 

③転んだ時、危ない・・・

個人的には、これが1番のデメリットです。私は子供が3人いますが、8歳・4歳・1歳とまだまだ小さく、デッキが遊び場になるだろうと思っています。そうなった際、じゃれあったりして、転んだりすることは十分考えられます。タイルの場合は、どうしても危険度が増してしまいます。

 

④裸足で出るって感覚では無い・・・

ウッドデッキの場合、裸足のまま気軽に出ることが出来るイメージがありますが、タイルデッキの場合は、なんとなく裸足で出るというよりも、履き物で出るというイメージがあります(私だけでしょうか???)。

 

タイルデッキには、このようなメリット・デメリットが考えられます。

私の住宅は、テラスの奥行きが180cmと広い為、第2のリビングとして考えています。BBQをやったり、ビールを飲みながら読書をしたり、子供の遊び場になったりと、たくさんの使い方が考えられます。

 

『安全に快適に過ごすには、どちらがいいか?』

 

考えた末、ウッドデッキを採用することにしました(ウッドデッキにも天然・人工とあり、それぞれのメリット・デメリットがありますが…)。

 

タイルデッキを検討されている方は、このようなメリット・デメリットを頭に入れておくといいと思います。タイルデッキは、高級感があって且つ老朽化しないのは、やっぱり魅力的なんですけどね。