アジアのリゾートホテルのような、エスニックなエッセンスを取り入れた住宅。

ここ数年、”バリ風”という言葉をよく耳にしますね。

私の近所にも、バリ風の居酒屋がありますし、こういう雰囲気を嫌いな人はいないんじゃないかな?


さて。

今日は、そんなアジアンリゾート風・バリ風の住宅を造るポイントを書きたいと思います。

 

まず、アジアンリゾート風の住宅に欠かせないのは”開放感”です。

こういう住宅を造りたいと思っている方は、あの南国の開放感に惹かれたはずです。

なので、そのエッセンスを住宅に取り入れる必要があります。

 

では、この”開放感”にスポットを当ててみると。。。

外観や内装も大切ですが、家の中から見える景色もとても重要になります。窓からヤシの木が見えたら、それだけで『おぉ!バリ!?』とテンションが上がると思います。庭だったり、ワンポイントの植物も大きなポイントの1つになります。

ASJ APOAスタジオのHPより抜粋

http://belive.bz/works/w_searches_from_category/wc_north_european/barifuujuutakunbarikagu-torizo-to-kannkaku-dezain.html

 

そして、次は”素材と色”です。

やはり、基本は”木材”でしょう。ウッドデッキはかかせません。↓の住宅は、何時間いても飽きないだろうなぁ。。。ウッドデッキが凄すぎです!

スタイル一級建築士事務所のHPより抜粋

http://www.style-home.jp/company/index.html






そして外観も内装も、アクセントとして石材を用いると、より雰囲気が出ます。

株式会社りーふのHPより抜粋

http://leafreef.ti-da.net/c263446.html

 

色は、ダークブラウンと白がスタンダードですね。これぞ”バリ”って感じです。

トリエシゲ一級建築士事務所のHPより抜粋

http://atshige.com/

 

そして、最後は”照明”です。

どれだけ外観や内装が、アジアンリゾート風の住宅だったとしても、明るい蛍光灯では雰囲気が出ませんよね汗。↓のような暖色のライトは必須です。

スタイル一級建築士事務所のHPより抜粋

http://www.style-home.jp/company/index.html

 

いかがでしたか?

ポイントをしっかりと押さえて、自分に合ったアジアンリゾート風住宅を造って下さいね!