先日、つなぎ融資について書きました。

【その記事はこちら】

住宅ローンのつなぎ融資とは?注文住宅を造る場合は絶対必要なの?

再度、簡単におさらいをしましょう。

住宅ローンとは原則、既に存在する建物に対して適用される』融資になります。

その為、建物が建っていない状態(住宅工事中)では、住宅ローンを組むことが出来ません。その間は”つなぎ融資”という名前の融資を受けるわけです。

【詳しくはこちら】

住宅ローンのつなぎ融資とは?注文住宅を造る場合は絶対必要なの?

 

話を戻しましょう。

私は、現在2つの銀行の仮審査をパスし、本審査の結果待ちの状態です。

 

両銀行からいろいろな提案を受けましたが、実は。。。その内の1つの銀行から『つなぎ融資無し!』という提案を受けました!

↑のつなぎ融資の過去記事でも書いている通り、つなぎ融資は金利がとても高いのです。

なので、なるべく”つなぎ融資”の金額は押さえたいというのが本音です。

 

でも、建物が無い状態だったら”住宅ローン”を組むことは出来ませんし、まさか銀行が違法(?)なことをするわけは無いだろうし。

いったいどういうことなんだろう。。。

答えはこうでした。




まず、私の状況を見てみましょう。私は↓のスケジュールで、工務店への支払いが4回あります。

1回目:基礎コンクリート打設後(建物が建っていない)

2回目:R階スラブコンクリート打設後(建物が建っていない)

3回目:アルミサッシ建付後(建物が建っていない)

4回目:完成引き渡し時(建物が完成!)

住宅ローンの観点から見ると、1~3回目は住宅が完成していない為、つなぎ融資になります。

 

しかし、その銀行は↓のようなスケジュールで対応する為、つなぎ融資が不要だと言うのです。

0回目:工事着工前にローンを実行する

1回目:基礎コンクリート打設後

2回目:R階スラブコンクリート打設後

3回目:アルミサッシ建付後

4回目:完成引き渡し時

ようするに、工事着工前に全額ローンを実行する為、でつなぎ融資が不要になるというわけですね。

 

『銀行もあの手この手で色々な商品を考えるなぁ』と思いました。

しかし、↑でも触れている通り、つなぎ融資は金利が高いので、実際にこういう形でローンを組むことが出来れば、つなぎ融資を組まなくて済む為、低金利のままお金を借りることが出来ます。消費者にとっては嬉しい商品ですね。

 

このことも踏まえて、どちらの銀行にするのか考えねば汗

 

さて。。。そろそろ本審査の結果が出てくる頃です。

どのような商品でローンを組むのか?結果が出たら、ここで書きたいと思います。