ここ数年で、”シックハウス症候群”という言葉をよく聞くようになりました。

なんとなく『身体が悪くなることだよなぁ』という認識はあると思いますが、細かいことまでは知らない方のほうが多いと思います。


住宅の中(室内)の空気汚染が原因で、身体に害を及ぼすような健康障害を”シックハウス症候群”と呼んでいます。

 

シックハウス症候群の特徴として、下記のような症状が上げられます。

・目がチカチカする

・のどが痛くなったり、身体がダルい

・目まいや頭痛がする

どちらかと言うと、風邪のような症状ですね。

 

他にも、自室神経失調症/花粉症/更年期障害のような症状が出た場合も、シックハウス症候群かも?と疑って下さい。

 

そもそも。シックハウス症候群の原因って、どんなことなんでしょう?

色々言われていますが、大きく分けて↓の3つがあります。

①換気をしない

②室内にカビ、ダニ、有害な物質がある

③気密性が高い

 

②の有害な物質の1つに、ホルムアルデヒドと呼ばれる化学物質があります。このホルムアルデヒドは、発がん性も指摘されているんですね。

ホルムアルデヒドは、建築基準法が改正(2003年)されたことで、発散量に応じて建材に等級が付けられるようになり、等級に該当しないモノは使用出来なくなりました。

しかし、カーペット/カーテンなど、化学物質による空気汚染もあるので、予防対策をすることが重要だと言えます。






また。。。エアコンの掃除はマメに行っていますか???

エアコンの掃除を怠ると、本当にヤバいです。家の中でカビを吸っているようなモノです。

過去記事で、エアコンの掃除について書いています。実際の超ヤバい画像も貼っているので、ぜひ読んで下さい。そして…これを読んだら、すぐに業者に連絡です!

【その記事はこちら】

超危険!ぜんぜん咳が止まらない…原因はクーラーのカビだった!?

 

シックハウス症候群にならない為には。。。

まず、朝起きたら窓を開けて換気をすること!そして帰宅した時も同様に窓を開けましょう。換気扇も回すと”より”良いですね。

家具やカーペット/カーテンなどを変えた際も、シックハウス症候群の症状が出る可能性があります。そんな時も、やはりしっかりと換気をして対応しましょう。

 

また、↓のような方法でも対策出来ます。

・ぬいぐるみやクッションは、なるべくマメに洗って太陽光で乾かす

・掃除機を使って、カーペット/カーテンのごみを取る

・なるべく運動をして汗を流す(サウナでもOK)

 

住宅を建てる際に、シックハウス症候群について考えている方は、無垢材を使用してもいいかもしれませんね。

【その記事はこちら】

無垢材のフローリングについて。メリット・デメリットを教えて!

 

良い健康状態を保つ為にも、このようなことをルーティーンにしましょう。