過去記事で何度も触れていますが、現在工事中の私の住宅は、家の中の壁は基本”コンクリート打ちっぱなし”です。お風呂とトイレも同様に、壁はコンクリート打ちっぱなしで、床はタイルを敷くことになっています。


現場での打ち合わせ時に、設計士の方からトイレ掃除の仕方について質問がありました。

 

設計士「●●さん(私の名前)、トイレはどのように掃除をしますか?床はタイルなので、ホースを繋げば床を水洗いすることが出来ますが」

私「今まで、このような仕様の住宅に住んだことが無い為、あまりイメージが湧かないなぁ…。奥様は便利なんでしょうが、水洗いをすることで何か変わることってあるんですか?」

 

設計士の方は、次のような話をしてくれました。

【➀トイレの床の角度・・・】

↓が一般的な平面の床のトイレです。

しかし、この状態で床を水洗いすると、水が排水溝に流れていきません。床が平面なので当たり前ですよね。この場合、モップなどで水を排水溝に流す作業が必要になります。

 

そこで、ジャブジャブと水洗いしたいのであれば↓のような仕様に出来ると。

この図のように、トイレのドア側から奥に作る(であろう)排水溝まで、ゆるやかに角度をつけます。その差は2センチ。このくらいであれば、全く問題が無いらしい。ゆっくりではありますが、水は自然に排水溝へ吸い込まれていくわけですね。






そしてもう1つ。

【②壁と床の切り返し部分・・・】

今までの打ち合わせでは、”床はタイル””壁はコンクリート打ちっぱなし”にすることで話をしていましたが、ホースで水洗いをしたいのであれば、壁の一部までタイルにすることも出来ると。

↓のような感じです。

こうすることで、床から水が跳ねても問題が無いというわけです。

 

『お風呂は壁半分まではタイルにしましょう』と話をしていましたが、トイレも水が跳ねそうな箇所まではタイルを貼ることが出来るというんですね。

(水でジャブジャブ洗わなければ、↑の➀、②のようにする必要は無いんですが。。。)

 

色々と考えてくれているんですね。

さて、私が出した結論は?と言うと。

値段は変わらずに工事をしてくれるというので、➀②共にお願いをすることにしました。

 

水でジャバジャバ洗うのかは別として、このような仕様にしておいて損は無いのかなぁと思いまして。

 

それ以前に。

実は、奥様は打ちっぱなしのお風呂やトイレに抵抗があるようなので、居心地のいい空間にしてもらえるように、設計士の方からアイディアをもらわなければ。。。汗

棚をつけて観葉植物を置くなど、絶対にアクセントが必要になってくるな!