私の近所に、外観には窓がほとんど無い住宅があります。

鉄筋コンクリート住宅で、もの凄いスタイリッシュな住宅なんです。でもどうやって光を取り入れているのでしょうか?


恐らく、住宅の中に光を取り入れるポイント【中庭】をつくっているはずです(多分ね汗)

今日は、そんな中庭のある住宅について書きたいと思います。

”中庭”と言うと、『ちょっとオシャレじゃん!』という印象を受けますが、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

 

【メリット】

①人の目が気にならない・・・

これが1番のメリットだと思います。隣人や通行人の目を気にする必要がありませんので、カーテンを閉める必要も無いし、躊躇することなく洗濯物を干すことが出来ます。家族のプライバシーを守るには最適のつくりと言えます。

 

②光や風を取り入れやすい・・・

私の(設計中の)住宅も中庭ではありませんが、住宅の中心に穴を空けて、そこから風と光を取り入れる予定です。

【その記事はこちら】

住宅模型が完成!「家の中に日差しが入るか」を確認する方法とは?

これが中庭だったら、もっと光と風を取り入れることが出来るでしょう。家中が明るくなり、楽しい住宅になることは間違いありません。窓を開けっ放しにすることも出来ますので、風通しも抜群ですね。

 

③家族の憩いの場になる・・・

中庭でバーベキューや、子供はプールで遊ぶことも出来ます。それも周りの目を気にすることなく!必然的に家族が集まる場所になります。夜は星空を見ながらビール…。最高のシチュエーションでしょうね。






【デメリット】

①コストがかかる・・・

中庭をつくる場合、住宅の形は『ロ』や『コ』のようになります。特に『ロ』の場合は、通常の住宅よりも壁が増えます。その為、構造上の強度が重要になってきます。また窓の数も増えますし、全体的な部分で通常の住宅よりも割高になります。

 

②住居部分が少なくなる・・・

通常の住宅であれば住居スペースになる部分をくり抜いて庭にするわけです。これが2階建て住宅だとしたら、1階部分と2階部分の住居スペースが無くなってしまいます。

なるべく住居スペースを確保したい!という方には、向いてないかもしれません。

 

③夏暑く、冬寒い・・・

どうしても窓が多くなる分、このような問題が発生します。夏は直射日光が室内に入ってくるとクーラーは効きにくくなりますし。これについては予め対応策を練っておいた方がいいと思います。

 

【※番外編】

個人的な意見ですが汗

防犯面についても、気をつけた方がいいと思います。中庭をつくる方は、おそらく外からは中の様子が見えない造りにする方が多いと思いますが、空き巣は外から家の中が見える住宅よりも、中が見えない住宅の方が仕事がしやすいと言いますし『玄関口のライトがついていない』『車が停まっていない』など外出している状況だと、狙われてしまう可能性もあります。

 

以上のようなメリット・デメリットが考えられます。

 

中庭を採用している家庭は、そこまで多くないと思います。

『どうしても中庭を作りたい!』と考えている方は、経験豊富な設計士にお願いするべきです。難しい造りなので、設計士の腕次第によってはとんでもないことになってしまうかもしれませんよ。