土地の購入。

ほとんどの方は、住宅を建てる為に土地を買うと思います。当たり前ですが、住宅を建てるには土地が必要ですから。


私は、土地を購入するまでに凄い時間がかかりました。(初期は本気度が低かったから…だとは思いますが汗)

【私が土地を購入する記事はこちら】

土地を購入する際の注意点!自分の希望の土地は絶対に見つかりません

 

過去記事を見てもらえば分かる通り、私は土地を購入しましたが、『親からもらった(相続)』というパターンもあるでしょう。

しかし…どのパターンにしても、気をつけないといけないことがあります。

それは。。。

 

その土地にかかる法律・条例をしっかりと調べることです!!!

ひょっとしたら、その土地は建物を建てることが出来ない土地かもしれません。建てることが出来たとしても、理想の建物を建てることが出来ない土地かもしれません。

 

土地には、その利用方法について、法律や条例によって規制が付いているのです。

 

これは実際にあった話のようですが。。。(私は又聞きです汗)

Aさんが購入を検討していた土地は、市街地からは少し離れていましたが、閑静な住宅が並ぶ人気のエリアでした。Aさんが希望していた坪数に比べると少々狭かったようですが、場所が良かったので、購入を真剣に考え始めました。(私も過去記事で書いていますが、『自分の希望の土地は絶対に見つかりません!』)

 

Aさんには身内に設計士の方がいたようで、その設計士の方に『こんな住宅にしたい』という希望を伝え、ラフ案を提出してもらうことにしました。






しかし。。。設計士の方から『Aさんが購入を検討している土地では、Aさんが希望している建物の大きさの住宅は建てられない』と連絡があったそうです。

 

もう少し細かく内容を書くと…

通常、民法では『隣の土地との境界線からは50cm以上離さなければいけない』という決まりがあるのですが、Aさんが希望していた土地は、その地区の条例で『隣の土地との境界線からは1m50cm以上離さなければいけない』となっていたのです。

 

結局、Aさんは希望の大きさの住宅を建てることが出来なかった為、この土地の購入を断念したそうです。

 

もし。。。購入後にこんな事実に直面したら…目も当てられませんよね汗

 

当然、私も土地を購入する前に自分が希望する住宅(2階建て)が建てられる土地なのかをチェックしました。

※場所によっては平屋しか建てられない土地もあるので汗

【その記事はこちら】

土地を購入する前の注意事項!そこは希望の住宅が建てられる土地?

 

どんな規制があるのか?は、事前に設計士の方や土地を紹介してくれる不動産屋さんにしっかりと確認してもらうことが大切です。

土地の購入を検討されている方は、このことをしっかりと頭に入れておいて下さいね。