ソファーシリーズ第3弾!完結編です。

トリを飾るのは…もちろん本革のソファーです!

【ソファーシリーズ記事はこちら】

ファブリックソファーについて。メリット・デメリットを教えて!

合皮のソファーはすぐボロボロになる?メリットとデメリットを教えて


高額な本革ソファー。

当然、私は今まで本革ソファーを購入したことがありません!

いつか↓のようなソファーを買ってみたいものだ。

 

価格が172万6920円…。凄すぎですね汗

 

さて。

そんな本革ソファーですが、一体どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

まずはメリットから見てみましょう。

【メリット】

①高級感/クラシック感…

やはり本物は、合皮とは違いますから。黒光りした重厚感!リビングに本革ソファーが合ったら、最高のオブジェになること間違いなしです。

 

②劣化を楽しめる…

ボロボロと剥がれていく合皮ソファーとは違い、本革は使い込めば使い込むほど”味”が出てきます。自分オリジナルのソファーに変貌していくわけです。

 

③通気性/吸湿性…

天然モノなので、通気性・吸湿性に優れています。湿気の多い日本という国にも適していると思います。






では、次はデメリットです。

【デメリット】

①高額である…

何においても”天然モノ”というのは高いです。”本物”ってヤツですね。いつか購入出来るように頑張ろう…汗

 

②定期的にメンテナンスをする必要がある…

天然素材なので、マメにメンテナンスをしないといけません。定期的に革専用のクリーナーを塗る必要がありますので、このようなメンテナンスを面倒臭いと思う方には、本革はオススメ出来ません。

 

③耐水性は無い…

通気性/吸湿性に優れていますが、水には弱いです。お茶や牛乳などをこぼしてしまったり、風呂上がりに濡れたままで座ったりすると、ソファーを痛めてしまいます。

 

以上のようなメリット・デメリットがあります。

 

”水に弱い”というデメリットがある以上、子供が小さい内は、とてもじゃないけど本革ソファーを買う勇気はありません汗。いつ何をこぼすか分かりませんから!

でも、子供が大きくなって、その時に我が家の財布が寒くなければ、一度は購入してみたいなぁと思う代物です。いつか買おう!!

 

本革ソファーの購入を検討されている方は、上記のメリット・デメリットを頭に入れておくと良いと思います。