私が購入した土地は、海まで徒歩5~10分のところにあります。

家の中から『オーシャンビューなのか?』は、現時点では分かりません汗。なぜなら私の購入した土地は3方向を建物に囲まれているからです。

【土地の状況はこちら】

土地を購入する際の注意点!自分の希望の土地は絶対に見つかりません

ひょっとしたら、2階の”洗濯物干し場”からは少し見えるかも?しれません。洗濯物を干しながら海を見る。。。


しかし、これは住宅が建たないと分かりません。見えたらいいですけどねぇ。

 

でも、残念ながらオーシャンビューでは無かったとしても、海から近い住宅であることは間違いありません。海の近くに家を建てる場合、気をつけないといけないことを、設計士の方から教えてもらいました。大きく分けて3つあります。

 

①塩害・・・

1番気をつけないといけないことだと思います。住宅だけでは無く、車や自転車等そのままにしておくと一気に錆びてしまいます。これは木造だろうが鉄骨だろうが鉄筋コンクリートだろうが変わりません。せっかく●千万もかけて造る住宅です。定期的に水を流したり、拭き掃除をしたり、マメに手入れをして下さい。

 

②湿気対策・・・

木造・鉄骨住宅はもちろん、私のように鉄筋コンクリート住宅の場合は、特に気をつける必要があります。24時間換気出来る設備は必要だと思いますし、新築の鉄筋コンクリート住宅は5年位かけて水分を出していきます(結露になるようです)。しっかりと拭き取らないとカビの原因になります。

また、洗濯物も市街地に比べると、カラッと乾かない印象があります。気になる方は、サンルームや乾燥機等を設置することをオススメします。






③風(特に台風時)の対策・・・

ご存じの方も多いと思いますが『海の近くは風が強い』です。今私が住んでいるマンション(2階)は、目の前に中学校があるのですが、風が強い時はグランドの砂が舞って、洗濯物が大変なことになってしまいます。

また、台風時は尋常じゃない位の風が吹きます。『海がキレイにみえるように!』と大きな窓にした場合、窓ガラスが割れないように強化ガラスや雨戸、シャッター等の対策は必須です。

台風が過ぎ去った後は、掃除をしっかりして下さい。車や家の窓に塩が付いています。。。コレは本当です!

 

以上のような点に気をつけて下さい。

私がお願いしている設計士の方は、海沿いにたくさん住宅を建てています。

経験豊富な設計士の方にお願いするのが、1番いいかもしれませんね。