『憧れというか…自宅にエレベーターなんて、バブリー以外の何モノでもない!』

住宅を造る上で、『エレベーターを設置しよう!』なんて考える方は、ほんの一部だと思います。私も全く考えたことが無かったのですが、実は設計士を選ぶ際、あるハウスメーカーから

「自宅にエレベーターをつけたらどうですか?」

という驚愕の提案をされていたのです。


そのハウスメーカーはA社でした。

【A社に関する記事はこちら】

設計士はどうやって選ぶ?大手企業のいいところと悪いところ!!

 

↑の記事では書いていないのですが、A社の営業マンの自宅は”収入物件”でした。5階建てのマンションで、営業マンは5階に住んでおり、1階~4階までは賃貸として貸し出していたんですね。

 

私が住宅の相談をしにA社に足を運んだ時、この営業マンは

「予算があると思いますが、エレベーターは200万円位で取り付けられるので便利ですよ」

と、こう切り出してきたんですね。

 

提案を受けた私は『えっ!?なぜ急に…』という感じだったのですが、実はもっと高いと思っていたので、営業マンの提案よりも”200万”という金額にもビックリしました。意外と安いんだなぁと。。。

かといって、住宅に取り付けようとはこれっぽちも思いませんでしたが汗

 

「でも、200万円位だったら、セレブじゃなくても住宅に設置している人はいるんじゃないのかなぁ?」

 

と思った私。色々と調べてみました。そうすると…ビックリしますけど意外といるんですね。理由を見ると『なるほどなぁ』と納得したり。

 

では、どういう方が自宅にエレベーターを付けているのでしょうか?






➀3階建て住宅・・・

限られた大きさの土地に住宅を建てる方が増えています。そうすると、どうしても住宅を上に伸ばしていくしかありません。そういう方の中に、家庭用エレベーターを採用する方がいるようです。

最近3階建ての住宅を見たことはありませんか?↓のようなヤツです。

積水ハウスHPより抜粋 http://www.sekisuihouse.com/products/3f/

このタイプの住宅は、屋上に上がれるタイプもあって人気があります。

積水ハウスさんの3階建て住宅には、エレベーターを設置している方もいますし、もしかしたら分譲住宅でもエレベーター付きがあるのかな???

 

②高齢者の住宅・・・

第2の人生を謳歌している団塊の世代が、老後に備えてエレベーターを設置しているそうです。(もちろん数としては少ないでしょうが…)

 

自宅にエレベーターがあったら、子供達は大はしゃぎでしょうね。

↑でも触れている通り、費用は200万位で導入可能なようです。ただ維持費が年間10万ほどかかるので、贅沢な商品であることは間違いないですね。