注文住宅を造る場合、土地の購入後に決める最初のこと。

それは”住宅の設計”を『ハウスメーカーにお願いするのか』『設計事務所にお願いするのか』ということです。


ハウスメーカーの場合は、設計も施工も全てハウスメーカーが請け負います。(※実際は施工については提携している下請けに流すことが多いですが)

しかし、設計事務所にお願いする場合は、家を建ててくれる工務店(大工さん)を探す必要があるんですね。

まぁ、ほとんどのケースは設計士の方が、いつも使っている工務店の中から2~3社選んで、見積もりを取ってもらうというケースかと思いますが。

 

何を隠そう、私もそういうケースです。

設計士の方に2社ピックアップしてもらい、見積もりをとってもらいました。

そして、その2社の中から1社に決めました!実はもうすぐ契約をします!!

ここで、工務店を選ぶ際のポイントをいつくか書きたいと思います。

 

➀全てを設計士任せにしない・・・

あれ???↑で言っていることと違うんですが…と思う方もいるかもしれませんが汗。

ここで私が言いたいのは、工務店をピックアップしてもらうのは設計士でいいと思うのですが、『その工務店がどのような仕事をしてきたのか?』という部分は自分で確認すべき!ということです。

私の場合、E社(私がお願いしている設計事務所)主催の完成見学会で見た住宅が、(今回私が決めた)工務店が手掛けたモノでした。細かいところまでしっかりとしている印象があり、且つコンクリート打ちっぱなしの仕様も良かったです。

※コンクリート打ちっぱなしの場合、工務店の腕が悪いと暗い印象を与えてしまいます。

【その記事はこちら】

設計士から聞いた!コンクリート打ちっぱなしのメリットとデメリット

このような経緯があり、まあ大丈夫かなぁという判断をしたんですね。






②設計士との相性・・・

これも大事です。私の知人で最近住宅を建てた方がいます。その方は(その方の)知り合いの工務店を使ったそうですが、設計士にとっては初めて一緒に仕事をする工務店だった為、工事がスムーズに進まなかったと聞きました。

設計士には、現場をしっかりと仕切ってもらう必要がある為、”初めまして”の工務店よりも何回か一緒に仕事をしたことがある公務店の方が、設計士にとっても仕事がしやすいと思います。

 

③価格・・・

まぁ、これも大事ですね。しかし安かろう悪かろうでは意味がありません。何千万という買い物です。お金も大切ですが、同様に➀②のような部分をしっかりと確認して下さい。

※ちなみに。私は決めた工務店は、もう1社よりも200万ほど安かったです。まあラッキーでした汗

 

工務店を選ぶ際は、設計士の方と相談しながらになると思いますが、このような点に気をつけるといいと思います。