5話設計図

 

【土地を購入するきっかけになった記事はこちら】
土地を購入する際の注意点!自分の希望の土地は絶対に見つかりません

 

A社に見切りをつけた私は、ハウスメーカーB社と設計事務所C社に連絡をしました。

B社については、以前に私がこの会社が手掛ける住宅の完成会に行っていたようで、その後の現状確認&住宅完成会の案内で電話があったのです。

正直に言いますと、私はB社の会社名を聞いても思い出すことが出来ませんでした。。。

しかし、せっかくこのタイミングで連絡をもらったので、住宅完成会に行くことにしました。この住宅が2世帯住宅というのも、足を運んだ理由の1つです。


私の希望も2世帯住宅なので。。。この件については↓で綴っています。

【以前の記事】
土地を購入する際の注意点!自分の希望の土地は絶対に見つかりません

 

当日、住宅完成会の場で担当者の方に会い、B社を思い出しました。
B社が手掛けた住宅は私の好みとは違いましたが、担当者の方が、

「簡単な設計図を作成したい」

と言ってくれたので、私の希望を伝えて設計図の作成をお願いしました。

 

1週間後、設計図が完成したと連絡があり、B社を訪れました。
細かく作成してくれていました。担当者の方も一生懸命説明をしてくれました。

 

「この設計図はあくまでも、たたき台です。もっと細かく打ち合わせをしていくことで、全くの別モノになったりもするので、ここだけで判断しないで下さい」

分かります。熱意も伝わってきます。
でも、やはり私が思っているような住宅が建つイメージができませんでした。

担当者には、他の業者さんの話も聞いて決めたいと伝え、保留としました。
最終的にB社にお願いすることはありませんでしたが、とても親身に対応してくれました。

 

続いて設計事務所のC社を訪れました。
C社の設計は、非常にスタイリッシュでカッコよく、住宅新聞等の広告でも目立っていました。このスタイリッシュさは会社カラーだと思います。車で走っていても

「この住宅はきっとC社が設計したんだろう」

と分かるような、会社のカラーがしっかり出ている住宅が多い印象を受けていました。

 

A社B社は様子見の気持ちが多かったのに対し、C社は第一印象が良かったら有力候補になるだろうなぁと考えていました。

 

事前に電話をしてアポを取り、いざ当日。
車のナビに従い向かうも、そこにC社が無い…。約束の時間を過ぎそうだったので、遅れる旨の連絡をしたのですが、電話口の対応もすごくいい!

打ち合わせもうまくいきそうな予感がしました。
C社は、あるマンションの中に入っていました。間取りも広く、見た感じでは2部屋をぶち抜いて使っているように見えました。

 

お洒落な事務所には、さっき電話口で対応をしてくれたと思われる女性が受付にいて、打ち合わせルームまで案内してくれました。

 

ドキドキ!期待が膨らみます。

 

しばらくして担当者の方が…。見た目は物腰が柔らかく、感じも良さそうです。

A社B社の経験から、なんとなくどういうふうに打ち合わせを進めたらいいのか分かっているつもりでしたので、まずは私の希望を伝えました。

 

しかし、担当者の方の反応が薄い!
いや、薄いというよりヤル気あるのか???
全然話に乗ってこない…

 

色々話を進めるも、全然かみ合いません。。。
でも、C社の設計した住宅資料を見せてもらいましたが、やっぱりカッコいいんです。






なんとか、いい方向に進められないかなぁと思っていた矢先、その担当者から

「○○さん(私のこと)、もうボーリング調査は終わりましたか?」
※ボーリング調査とは、建物を建てる前に地盤の固さをチェックする調査のこと

ボーリング調査の意味は、かろうじて知っていましたが、どのタイミングでその調査を行えばいいのか分からなかったので、まずは設計士が決まってからと思っていたのですが、その担当者が言うには、最初にやっておいた方がいいと。

 

そして、

「付き合いのある会社があるので、事前に調査をおススメします。調査されてから再度打ち合わせをしましょう。」

と。

 

A社B社とは明らかに違う対応。
打ち合わせ時間もA社B社は1~2時間に対し、C社は10分~15分程度でした。

ハウスメーカーではないので、設計図を作ってくれることは無いと思っていましたが、あまりに淡泊でそっけない打ち合わせに、帰りの車の中では不満が爆発!!

C社が手掛けた住宅や受付の女性の対応等、期待をしていただけにとても残念でした。

C社も私の中から完全になくなりました。

 

でも、ボーリング調査は設計士を決める前にしないといけないのか?

周りの経験者に話を聞いてみると、建物の構造で基礎部分や掘る深さが変わるので、設計士が決まってから設計士に相談してお願いした方がいいとのこと。

そもそもC社は私の中では圏外でしたが、このことを聞いて不信感しかなくなりました。

 

期待をしていたC社がなくなり、この時点で残っているのはB社のみ。でもB社に決めることはきっとないだろう。

設計士選びって大変とは聞いていましたが、本当に大変ですね…。最低でも5社とは思っていましたが、既に3社目にして息切れ汗

 

どれだけ営業担当者の対応が良くても設計が好みでなければ駄目だし、逆にすごく設計が良くても担当者の対応が悪いと、この先長い付き合いになる家造りを一緒に出来ないし…

考えてもしょうがない。次に行こう!!

私はD社に連絡をしました。