玄関先のライト(照明)を、”人感センサー有り”にするか悩んでいます。

今は至るところで、”人感センサー有り”のライトが使われていますね。トイレやリビング、階段等を人感センサーにしている住宅もあります。


私の娘が通っている小学校でも(私立ではなく普通の市立ですよ)、なんとトイレのライト(照明)は人感センサーなんですよね汗。私が子供の頃からは考えられない…

 

そんな人感センサー有りのメリット・デメリットについて書きたいと思います。

ますはメリットからいきましょう!

 

【メリット】

➀自動でライト(照明)が付く・・・

当たり前ですが汗。。。私の場合、駐車場は↓のような感じになります。

日中は問題ありませんが、夜は多少光が漏れていたとしても、駐車場内は見え辛いんじゃないかなぁと思います。その際、車を降りて車庫の電気を付けるよりも、自動で付いたら便利ですよね!

私は雨に濡れたくないという理由から『車を停めた後、雨に濡れずに家の中に入れる』ように、↑のような造りにしました。(駐車場の奥に、家の中に入れるドアがあります)

【そのドアに関する記事はこちら】

家族専用の簡易玄関って本当に必要?使い勝手について考えてみた。

 

でも、手動ライトにしたら、車庫に入れる前に一度ライトを付けに車を降りなければいけません。そうしたらあまり意味が無いなぁ…なんて思ったり。

玄関先だけではなく、場所がリビングや階段部分だったとしても、家の中が真っ暗だった場合、少なからず手でスイッチを探す動作をすると思いますが、人感センサーであれば、このような煩わしさもありません。

 

②防犯対策になる・・・

玄関先に人感センサーを設置することで、防犯部分でも役に立ちます。不審者が敷地内に入ろうとすると自動でライト(照明)が付くわけですから、不審者もビックリするだろうし、家の中にいる私達も『来客かな?』と思うはずです。来客が来なければ『???』と思って少し構えるだろうし、防犯意識が高くなると思います。

 

③電気の消し忘れが無くなる・・・

これはいいですね。夜はなるべく玄関先のライト(照明)を付けておきたいと思う方は多いでしょう。しかし、寝る前に消すのを忘れて朝まで付けっぱなし…なんて経験は無いでしょうか?(私の実家では度々ありました。多分今でもあるんじゃないかな?)

これは、玄関先だけではなく、トイレ等でも同じです。私の子供達は、トイレの電気を消し忘れてしまうことが多々あります。しかし、自動で付いて消える人感センサーであれば、このような電気の消し忘れも無くなるのです。






なかなか良いメリットがありますね!

では、次はデメリットです。

 

【デメリット】

➀自動で消えてしまう・・・

良い部分ではありますが、逆にデメリットに感じてしまうことも。人感センサーは、ある一定の時間を超えると、自動で消えます。それが『まだ消えないで欲しい』と思う時でも。

よくあるパターンですが。。。トイレで大きいほうをしている時、消えてしまったことは無いですか?

私は、つい最近、ある施設で大きい方をしている最中に、電気が消えてしまいました。そのトイレは窓が無かったので、本当に真っ暗になってしまいまして汗。身体を必死に動かして、なんとかセンサーに気付いてもらった…という経験をしました。

 

②通行人が多い通りに玄関が面していると煩わしい・・・

これは玄関先に取り付ける場合だけですが、人が通る度にライトが付いてしまう可能性があります。私も道を歩いていて、その道に面している住宅の玄関先のライトが、いきなり付いたというケースは、何回も経験しています。

これが続くと『また通行人かな?』と思うことが多くなり、防犯面の意識が薄れる可能性が考えられますね。

 

③商品代が高い・・・

とは言っても、何十万も変わるわけではありません。電気代を節約出来ると考えた場合、個人的にはあまりデメリットでは無いのかなぁと思いますが。

 

以上のようなメリット・デメリットが考えられます。

私は、家の中は全て手動のライト(照明)にしようと考えていますが、玄関先だけは悩んでいます。人感センサー有りと手動のライトを両方取り付けるのが、一番いいのかな?

この問題は、設計士の方に相談してみよう。