現在、私が置かれている状況とは。

『10月中旬より住宅工事がスタートし、今は住宅ローンの本審査の真っ最中である』ということ。

私は3つの銀行に仮審査の依頼をし、2つの銀行から『仮審査通過』のお知らせを貰っていました。(残り1つはインターネット上から申込をしたのですが連絡無し…)

ってなわけで、仮審査を通過した2つの銀行に、本審査の依頼をしたのです。詳しい内容は過去記事をご覧下さい。

【そのことに関する記事はこちら】

住宅ローン借り入れ!仮審査に必要な書類は?どんな人が落ちやすい?

住宅ローンの仮審査をクリア!審査期間は各銀行によって違いました。

 

そして、とうとうその2つの銀行から”本審査の結果”が届きました。

結論から申し上げますと、『2つとも本審査を通過』しました。嬉しいというよりも、もう工事が始まっていますし、ホッとした気持ちの方が大きかったです。

 

さて、次に私がすることは2つの銀行の中から『融資をしてもらう銀行を決める』ことです。

私は35年でローンを組む予定ですが、2つの銀行の差は100万近くありました。

(今38歳なので、ローン完済は73歳!?怖すぎるわ…。なるべく前倒しで返していきたいですね)

 

では、実際の金利を見てみると…。

 

A銀行は金利0.75%(つなぎ融資は3.5%)

B銀行は金利0.8%(つなぎ融資という形では無い為、金利はずっと0.8%)

【つなぎ融資という形を取らなくてもいい方法。その記事は↓】

つなぎ融資が不要!?そんな住宅ローンの組み方があるの???




しかし、これはあくまでミニマムの金利になります。

これに”ガンと診断されたら支払いしなくてもいい”等のオプションをつけると、B銀行については金利が1%程度となります。

※A銀行については、なんと全てのオプション込みで金利0.75%!!

 

『しかし、A銀行のつなぎ融資の金利3.5%は高いわ…。一度交渉してみよう』

【つなぎ融資に関する記事はこちら】

住宅ローンのつなぎ融資とは?注文住宅を造る場合は絶対必要なの?

 

直接、A銀行を訪れて担当者の方に相談。

私「つなぎ融資の金利が少し高いように感じるのですが。。。なんとか安くしてもらえませんか???」

行員「そうですよね。少し時間を下さい。頑張ってみます」

私「宜しくお願いします!!!」

 

結果はすぐに出るそうなので、ドキドキしながら待ちたいと思います。

明日はB銀行のつなぎ融資の金利について書けるのかな???結果が出ていたら書きたいと思います。

(追記)結果が出ました!

【その記事はこちら】

つなぎ融資の金利が決定。交渉を有利に進める為の方法とは???