私は、10年で5回引越しをしました。

つまり、5つの賃貸アパート(マンション)に住んだのです。

 


 

一人暮らし。。。

楽しい思い出しかありません!懐かしいなぁ。。。でも賃貸物件については、色々苦い汁もたくさん飲みました。そんな私の経験から、賃貸物件を借りる上で気をつけなければいけない点を書いていきますので、参考にして頂ければと思います。

 

今回は、『一人暮らし初めて編』です。

 

18歳の春。。。

私は初めての一人暮らしをスタートする為、ある不動産屋さんを訪れました。色々な物件の中から、良さげな物件があったのでその場で即決しました。担当者の方からは

「実際に内覧しますか?」

と言われたのですが、その物件が不動産屋さんから遠かった&面倒臭かったので、実際に内覧せずに契約をしたんですね。今にして思えば初めて訪れた不動産屋さんで即決&内覧無しなんてあり得ませんが、当時は18歳の世間知らずでした。というか大バカでした。。。

 

結果。当たり前ですが、初日で『とんでもないところを借りてしまった涙』と後悔します。

それは。。。

間取り等は渡されていた図面と一緒だったのですが、不動産屋さんからは『最寄り駅からの徒歩15分』と聞いていたのですが。

 

「絶対うそじゃん!30分以上かかるわ!!」

 

悲劇はもう1つ。私は1階フロアを借りたのですが、目の前が比較的大きな道路だった為、うるさくて窓は絶対に開けられません。更に、建物は木造住宅だったのですが、大きいトラックが通ると揺れる始末。。。

 






 

期待しか無かった憧れの一人暮らしですが、初日にして後悔。。。でも、もう後の祭りです。

 

少しだけ話が脱線するんですが、そんな弱り切った私に追い打ちをかける出来事が。

——

初日に新聞の勧誘が来ました。それも前歯が無い見た目がハードコアな方が。。。

『今日越してきたんですね』なんて話をしながら、新聞を勧められました。当時の私は新聞なんて必要ない!ってなわけでお断りをしたら、態度が急変。。。

洗濯洗剤を部屋の中に投げ込まれ、

「明日から新聞持ってくるからな!洗剤も受け取ったんだから金を払えよ!!」

 

チーン…

 

ありがたいことに。翌日ビビりながらポストを見ましたが、新聞は入っていませんでした。

——

しかし、『もうこんなところには住んでられない!』と、引越し2日目にして次の引越し先の計画を立てるのです。

 

初めての物件探しで学んだこと。それは

『絶対に現場を見る!!!』

本当に当たり前のことなんですが、絶対に内覧して下さい!

そして、周りがどういう環境なのか確認をして下さい。

『騒音は大丈夫か?』『不動産屋さんから案内されたことに相違は無いか?』等

「自分を守るのは自分でしかない」のです!!!

 

さて、そこからはバイト三昧。朝から晩まで働きました。そしてその出来事から半年後。ある程度のお金が貯まったので、2回目の引越しを決行するのでした。。。つづく

 

【つづきを書きました】

部屋探しを失敗したくない人へ。私の失敗談(2回目の引越し編)