打ちっぱなしの鉄筋コンクリート住宅を造るにあたり、避けては通れない(?)存在。

皆さんは”Pコン”という言葉を聞いたことがありますか?


そもそもPコンとは?・・・

鉄筋を組んだ後、型枠をセットし、それからコンクリートを流し込むわけですが、その際に必要な道具の1つになります。

↓の③の図のように、合板と合板の中にコンクリートを流し込む際、合板がズレないようにしっかりと固定する為の道具なんですね。

朝日建設の現場日記より抜粋

http://www.asahi21.co.jp/blog/ootakuchuoh/2011/11/

 

セパレーターはコンクリートの中に残りますが、合板を外す際は”Pコン”も外す為、コンクリートには”Pコン跡”が残るというわけです。

皆さんも1度は↓のような丸いPコン跡を見たことがあるかと思います。

 

前置きが長くなってしまいましたが…汗

今日はこのPコンの使い道について書きたいと思います。

 

とは言っても。。。

『ただの丸い跡だよね?そもそも使い道なんてあるの???』

と思う方もいらっしゃるかと思いますが、実は…とても便利な使い道があるんです!

 

➀時計、TVなどを設置・・・

このPコンには、専用のフックを装着することが出来ます。↓のようにまずフックを設置します。(分かりづらいかもしれませんが、青いヤツです汗)

 

あとは、このフックに時計やテレビをかけたら、↓のような感じに!(テレビについては、配線などがあるので、こんな簡単には出来ないと思いますが…。あくまでイメージってことで汗)

 

②洋服掛け・・・

同様に少し長めのフックを使えば、洋服掛けになります。






③収納スペース・・・

上級者になると、Pコンの上に板を置いて、インテリアを飾ったり、収納スペースとして利用出来ます。

タカギプランニングオフィスブログより抜粋

http://www.t-p-o.com/blog/1589

 

ここに、子供が作ったレゴを飾りたいなぁ。。。

このようにPコン跡は、”ただの丸い変な跡”だけではなく、色々な活用方法があるわけですね。

 

私の住宅は、収納があまり無い為、Pコンをうまく活用しなければ…汗

 

住宅内の話では無いんですが。。。

↓は私の住宅模型なのですが、駐車場(ガレージ)があります。

【ガレージについての記事はこちら】

ビルトインガレージのある住宅。メリット・デメリットについて。

 

このガレージの中は、外壁と同じ色で塗るのですが、Pコンを残してもらうつもりです。

ガレージ内に自転車などをかけたいなぁ…と思いまして。

 

しかし!

今ここで書いていることは、全て私の頭の中にある妄想です。果たして、そんなにうまくいくもんかね?(特にテレビね!!)

 

その際に、またここで書きたいと思います。(多分10ヶ月後くらいかな)