先週の土曜日は、現場にて『私』『設計士』『工務店』『電気業者』『キッチン業者(CUCINA)』で打ち合わせを行いました。

現場での打ち合わせは2回目ということもあり、スムーズに進んでいきました。

【前回の現場打ち合わせの記事はこちら】

トイレの床を水洗いしたい。どのようなことに気をつければいい?

玄関の”框”の高さについて。何センチくらいが一番生活しやすいの?


今回の現場打ち合わせのメインは、コンセントの位置についての確認でした。

コンセントの位置を失敗すると後々たいへんだと聞きますが、正直私はあまりこだわりがありません汗

 

というか、やっぱり生活してみて『あぁ!ここにコンセントがあったら便利だなぁ』などという感想が初めて生まれるのかなぁと。こだわりが無いというよりかは、イメージが出来ない為、よく分からないといった方が適切かも。

 

そんなことから、基本的には”設計士の方”と”電気業者の方”にお任せで、1つ1つコンセントの位置の確認を行っていきました。

 

いくつかのコンセント位置の中から、私に意見を求められた箇所は2つありました。

 

まず1つは、玄関にある”庭”にコンセントを設置するかどうか?ということ。

私の住宅には、なんと!玄関内に庭をつくる予定です汗

【玄関庭の位置についての記事はこちら】

天窓があるオシャレな住宅。でも…気をつけないと一生後悔するかも

 

玄関庭にコンセント!?あまり関係無いように思われるかもしれませんが、なぜ意見を求められたのかと言いますと、実は私は今メダカとエビを飼っています。

【お魚日記についてはこちら】

初心者でも出来るアクアリウムの始め方。最初はみんな初心者でした!

水槽の水草について。本物の水草の『メリット』『デメリット』は?

 

メダカとエビの飼育も慣れてきた為、新しい家では玄関庭に熱帯魚の水槽(オシャレなアクアリウム)を置きたいと考えているのです。

その時に”コンセントを使うのでは?”と設計士の方が気を使ってくれたんですね。

 

そしてもう1箇所は、駐車場です。

私の住宅の駐車場はガレージになっており、ガレージ内で洗車をすることが出来ます。

【ガレージについての記事はこちら】

ビルトインガレージのある住宅。メリット・デメリットについて。

 

そこで車内を掃除したり、ゆくゆくは電気自動車にするかもしれないから…という理由からコンセントをつけようとなったのです。






↓が駐車場の設計図です。

 

そして、黄色いバツ印が最初のコンセント位置でした。

私は、この位置でも違和感はありませんでしたが、電気業者の方から

「コンセントの位置はなるべくガレージの中にした方がいいかもしれません。道路に近いところだと、高校生がたむろしてスマートフォンを充電したりなどトラブルの原因になります」

と言われました。

 

私は思わず

「えっ!?人の住宅の敷地にあるコンセントですよ!そんなこと無いでしょ???」

と突っ込んだのですが、どうやら本当にあった話だったようで。。。汗

 

であれば、絶対に中にしましょう!という訳で↓の位置になりました。

こうやってみると、ガレージの奥に並べて2つが一番しっくりきますね!

電気自動車を購入しても、大丈夫なところにコンセントを設置してもらいましたが、果たして電気自動車を買う時が来るのでしょうか???(電気自動車は高いですからね汗)

 

その時が来たら、このコンセントをフル活用したいと思います!