階段に絨毯(カーペット)を敷いている住宅がありますよね?

私の奥様の実家は、階段に絨毯(カーペット)が敷いてあります。

そして、私が働いている会社も2階に行く際は、靴を脱いで絨毯(カーペット)が敷かれた階段を上がっていきます。


なので、私にとっては身近な存在といえる階段の絨毯(カーペット)。

今日は、そんな”階段に絨毯(カーペット)を敷く”ことのお話です。

 

まずはメリットからみていきましょう。

【メリット】

①足音が響かない・・・

子供達がバタバタッと階段を上り下りをしても、足音が響きません。頻度が少なければ気にならないんでしょうが、1日に何回も昼夜問わずとなったら。。。おじいちゃんおばあちゃんと一緒に住む2世帯住宅に向いているかもしれませんね。(この記事とは関係ありませんが、私はゆくゆくは2世帯住宅にする予定です)

【2世帯住宅の記事はこちら】

2世帯住宅の色々。同居型、半同居型、独立型に関する基本的な知識

 

②滑り止めになる・・・

フローリングの階段と比べると、滑りにくくなっています。ドタバタ走り回る子供やお年寄りが、階段を踏み外すというリスクが軽減されます。

 

③冬温かい・・・

↑でも書いている通り、私が働いている会社は”階段~2階フロア”は全て絨毯(カーペット)が敷かれています。もちろん土足厳禁です。基本的にはスリッパを履いていますが、スリッパを履いていなくても温かいです。

 

次はデメリットです。






【デメリット】

①掃除が面倒臭い・・・

やっぱりフローリングの方が掃除が簡単です。クイックルワイパーでサーッと拭いたら、ある程度はキレイになりますから。絨毯(カーペット)の場合、コロコロ(伝わりますよね?)である程度のホコリやゴミは取れますが、時には掃除機をかけないといけないこともあるでしょう。段数が多ければ多いほど大変ですね。。。(※私が働いている会社は月イチくらいのペースで掃除機をかけています)

 

②汚れ(劣化)が目立つ・・・

もちろん絨毯(カーペット)の色によっても変わってきますが、白系の色を選んだ場合、どれだけマメにメンテナンスをしても汚れが気になってきます。ジュースやコーヒーをこぼしてしまったら…。あまり考えたくありませんね。余談ですが。。。私は2度、会社でコーヒーをこぼしました汗。掃除…大変でした…

 

以上のようなメリット・デメリットが考えられます。

↑でも触れている通り、奥様の実家も階段に絨毯(カーペット)が敷かれているので聞いてみたのですが、やっぱり掃除が大変だったようです。

・犬(室内)を飼っていたが、散歩から帰った後、足を拭く前に階段を上がり足跡がついた

・犬が観葉植物を倒してしまって、水をあげたばっかりの土がついた

・外で利用していたキャスター付の棚を引きずったら、キャスターの跡がついた…etc

 

なので、私の住宅では絨毯(カーペット)の採用は見送りました汗

階段に絨毯(カーペット)を敷くことを検討している方は、上記のメリット・デメリットを頭に入れておくと良いと思います。