私が子供の頃は換気扇と呼んでいましたが、今はレンジフードと言うんですね汗

今、キッチンについては”LIXIL”と”CUCINA”で(奥様が)悩んでいます。

奥様の苦悩は↓に書いています。

【その記事はこちら】

「 ショールーム編 」一覧


キッチンの仕様についてはもちろんですが、レンジフードも大切なオブジェになります。

そんな訳で、今日は気になるレンジフードを紹介したいと思います。

 

まずは奥様が気になっているLIXILさんの商品。

【センターフードCUBタイプ】

リクシルのHPより抜粋

http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelleplat/parts/parts01.htm#anchor08

 

今はどちらかというと、T字のレンジフードが主流ですね。

このようなボックスタイプは1990年前後に人気があったようです。洋服と一緒で、レンジフードもリバイバルされているんですね。

しかし。。。残念ながら我が家は、このレンジフードを取り付けることが出来ません涙

それは、アイランドキッチンの仕様が一体型ではなく二型だからです。

【一体型と二型の違いについてはこちら】

CUCINAのキッチンの天板を薄くする?そんなことって出来るの!?

このレンジフードは一体型だけということで。。。ポップで可愛いんですけどねぇ涙






次は現在の主流になっているT字タイプ。

【スマートスクエアフード(シルバー) FY-6HGC4-S】

パナソニックのHPより抜粋

http://panasonic.jp/rangehood/p-db/FY-6HGC4-S.html

スタイリッシュで格好いいですね!掃除も簡単そうですし、ボックスタイプとは対称的で主張しすぎないデザインがよりスタイリッシュに見せていると思います。

 

では、今の主流商品の特徴とは???

➀掃除が簡単・・・

昔の(あえて)換気扇は、油でベトベトになっていました。私の実家でもクルクルまわるプロペラ式の換気扇だったのですが、年末の大掃除の際にそのプロペラを外して掃除をするわけですが。。。もうそれは悲惨な状況でした涙

その点、今のレンジフードはフィルタが無い商品が多く、さらっと簡単に拭き掃除が出来るのです!

 

②音が静か・・・

(あえて)換気扇って音がうるさいイメージがありますが、今の商品は本当に静かです。24時間換気の住宅も増えている為、この技術がすごく進んだのでしょう。

 

③吸収力の向上・・・

私が今住んでいる賃貸マンションは、10年以上前に建てられている為、レンジフードというよりも換気扇って感じですが、ニオイをあまり吸収してくれません。吸収力も10年前の商品とは比べものにならないくらい向上しています。

 

まとめると。。。

今は『T字』が主流で、かつ『ボックスタイプ』のような昔流行った商品のリバイバルもあると。そして『掃除が簡単』になり『音が静か』になり『吸収力が向上』しているんですね。

 

我が家もオシャレな性能の良いレンジフードを取り付けなければ汗