皆さんの家には、トイレの壁に鏡がついていますか?

スリーインワンのようなタイプであれば、そもそも関係ありませんが…汗

【その記事はこちら】

スリーインワンとは一体なに?どんなメリット・デメリットがあるの?

なぜ、私がこのようなことを聞いたのか?と言いますと。。。

 

我が家は、1階と2階のそれぞれにLIXILのタンクレストイレを設置する予定です。

【トイレの記事はこちら】

トイレの種類について。タンクレスのメリット・デメリットは???

 

しかし、”トイレの壁に鏡を取り付ける”という考えは、一切ありませんでした。

一言で…『不必要なモノ』と考えていたので。

 

しかし、あることがきっかけで『トイレに鏡を取り付けるべきかなぁ』と思ったんですね。

 

それは、従兄弟の新築祝いに行った時のことです。

お祝いということもあり、お酒がすすみました。自分では『顔が赤くなっているだろうなぁ』と思っていましたが、自分の顔をチェックする鏡を持っているわけではないので、気にしながらもまたお酒に手が…汗

 

そして、しばらくしてトイレに。その時!

トイレ内にある手洗い場の上に鏡が!!

 

「あれっ!?全然顔赤くないじゃん!」

 

と思って調子に乗ったあげく。。。その後はご想像にお任せします。

 

さて。本題に入りましょう。

トイレに鏡が必要か?不必要か?についてです。

 

まず1つに、住宅の間取りが大きく関係してきますね。

トイレ内に手洗い場を設けない場合、基本的には洗面台が併設しているケースが多いと思います。↓のようなパターンですね。

この場合は、洗面台に鏡がついているので、トイレ内の鏡は不要です。




しかし『お風呂の脱衣所だったり、独立した場所』等、トイレから距離が離れているところに洗面台を設置した場合、トイレに鏡があった方が便利だと思います。このケースの場合は、↓のようにトイレ内に小さな手洗い場を設けると思いますので。

 

日常生活を送るにあたり、トイレの壁に鏡が”有る””無い”は、住んでいる人間からすれば、どうでもいい話だと思います。

しかし、来客からすると『人様の住宅で、独立した洗面台には行きにくい…』という気持ちがあります。

来客のことを考えると、鏡を設置した方が優しいと言えますね。

そこにあったら、きっと家族も使うと思いますし。

 

↓は、私の住宅の間取り図(一部)です。

トイレから”ドレッサ(洗面台)まで距離があるのが分かりますか?

リビングは”ドレッサ”と反対側にあるので、来客はますます”ドレッサ”を使うことに気を使うと思います。トイレ内に手洗い場もあるわけですからね。

 

このようなことから、私はトイレには鏡を取り付けた方が良いと考えています!

 

しかし。。。

風水的には、トイレに鏡はあまり良くないらしいです…設置する場所によるみたいですが。

 

まぁ、私は風水は一切考えない人間なので汗、迷わずトイレには鏡を取り付けようと思います。

結構安く売られていますしね。

 

 

風水を気にしない人であれば、トイレの壁に鏡を取り付けることのデメリットは一切無いので、オススメします。

それでは!