昨年、私の友人がマンションを3200万で購入しました。

【その記事はこちら】

一戸建てよりもマンションの方が暖かい!?理由を探ってみました。


その後、ちょくちょくお邪魔させてもらっていますが、話題は”物件の名義”に。。。

 

私の友人は、奥様と共有名義でマンションを購入したようです。(我が家は”私名義”です)

購入金額(3200万)の内訳は、友人1600万/奥様1600万と2分の1で、共有名義にしたんですね。

 

そんなわけで、今日は私の友人のように、夫婦共有で不動産を所有するメリット・デメリットについて書きたいと思います。

一体、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

まずは、メリットからです。

【メリット】

①住宅ローンの控除…

共有名義で不動産登記をすると、夫婦それぞれの収入に対して、住宅ローンが控除されます。

※住宅ローンの控除とは…住宅ローンの年末残高の1%が10年間減税されるという制度です。(減税されるのは所得税と住民税)

共働きの夫婦が不動産を共有名義にした場合、夫婦それぞれの所得税、住民税に対して住宅ローンが控除されます。ということは、個人名義よりも減税額が多くなるというわけですね。

 

②相続税の節税…

だいぶ先の話になりますが…汗。

私と比較して話したいと思います。不動産を個人名義にしている私が死亡した場合、相続税については不動産の評価額が、そのまま課税対象になります。

しかし、友人のように共有名義にしていると、友人の持ち部分のみが課税対象になるため、個人名義の時よりも相続税が節税出来るというわけです。






では、次はデメリットです。

【デメリット】

①売りにくい…

夫婦関係が良好であれば、デメリットではありませんが。。。共有名義の場合、売却する際は名義人全員の同意が必要になります。まぁ”離婚”して、夫婦の関係が破たんした時は、一悶着ある可能性がありますね汗。

 

②相続すると、名義人が増える?…

共有名義人の一人が亡くなった際、その方の相続人が複数いると、不動産の共有名義人の人数が増えてしまいます。人数が増えるということは、デメリット①のように売却の際は、名義人全員の同意が必要になるので、ゴチャゴチャしてしまう可能性がありますね。

 

以上のようなメリット・デメリットがあります。

”節税”という部分においては、絶大なアドバンテージがある共有名義ですが、安易に考えていると痛い目に合うかもしれません。

 

不動産の名義については、夫婦(又は親族など)でしっかりと話し合いをして決めて下さいね。