『いつかは、自分でお店を持ちたい!』

こう思っている方は、少なくないと思います。

バリバリの働き盛り時に”独立開業”、定年退職後の”趣味”として等、考え方はさまざまあるかとは思いますが。。。


私は、理容師・美容師のような手に職もなければ、カフェやレストランを開けるような”舌”を持っているわけではありません汗。

なので、そもそも私は無理なんですが。。。涙

 

でも、自宅の1階を店舗にしているお店を見ると、きっと大変なことも沢山あるとは思いますが、ついつい『羨ましいなぁ』と思ってしまいます。

 

今日は、そんな自宅でお店を開業した際のメリット・デメリットについて書きたいと思います。

まずはメリットからいきましょう。

【メリット】

①家賃軽減…

お店を開業する場合、自宅以外のところに店舗を構えるとなると、自宅と店舗の両方で家賃が発生します。しかし、自宅兼店舗であれば、その心配がありません。なんせ自宅の1階が店舗なわけですから!やっぱり、どう考えたってこのシチュエーションは羨ましい!

 

②通勤時間が0分…

当たり前ですね。1階が店舗ですから!勤め人の場合は、往復の通勤時間が(少なくても)1時間くらいはかかると思いますが、その時間が無くなります。時間を有効に使えますよね。

 

③家族を優先出来る…

というわけではありませんが、子供(小学校~)が熱を出して学校を休んだとしても、仕事を休む必要がありません。育児や介護をしている方にとっても、大きなメリットだと思います。

 

では、次はデメリットです。






【デメリット】

①立地条件によっては、集客に影響する…

商売をするわけですから、それなりに利益を出さないといけません。ただ、住宅の立地が”閑静な住宅街”となると、ひょっとしたら集客に影響するかもしれません。地方であれば駐車場が必要になってきますし、細い道だとお客さんがたどり着けないかも。

※でも。今はSNSの発信力がすごいので、昔に比べると立地についてはハードルが低くなっているのかな?

 

②生活のメリハリ…

勤め人の場合、『仕事は仕事』『プライベートはプライベート』と気持ちの切り替えが出来ますが、自宅兼店舗の場合は生活のメリハリをつけるのが難しいかもしれません。客商売なので、ご近所さんにも気を使わないといけなくなりますし、ご近所付き合いがうまくいかないと家族にも迷惑をかけてしまうかもしれません。

 

③お店がうまくいかないリスク…

↑でご近所さんの話をしましたが。。。商売がうまくいっている時は良いでしょう。しかし、もし経営が傾いて店を閉めないといけなくなってしまった場合、ご近所付き合いが。。。ご近所さんも気を使うと思いますし。

 

以上のようなメリット・デメリットが考えられます。

↑でも触れている通り、個人的には『羨ましいなぁ』と言いましたが、それなりのリスクもありますね。まぁ、商売がうまくいっていれば、全てがうまくいくんでしょうが汗

 

自宅をお店にしよう!と検討されている方は、上記のメリット・デメリットを頭に入れておくと良いと思います。

 

(追加)

ついでに。。。

自宅兼事務所(会社)の記事も書きました。気になる方はぜひ。

【その記事はこちら】

自宅兼事務所(会社)って働きやすい?メリット・デメリットを教えて!