中古物件を購入し、住みやすくする為にリフォームをする。

このように考えている方は、案外多いと思います。


そして、このリフォームにはいろいろな方法があります。

今日は、その中から”スケルトンリフォーム”について書きたいと思います。

 

まず。そもそも”スケルトンリフォーム”とは、一体どんなリフォーム方法なのでしょうか?

【スケルトンリフォーム】

スケルトンとは骨組みを指します。よくある”キッチンをリフォーム”とか”お風呂とトイレをリフォーム”など部分的なリフォームではなく、住宅の基礎(骨組み)だけを残して、それ以外はすべて建て替えるという大がかりなリフォームのことを言います。

 

スケルトンリフォームは一戸建てだけではなく、中古マンションでも注目を浴びています。

※マンションの場合は、配管の位置が変えられない等の制約はあるかもしれません。その場合は一戸建てのように間取りまで大きく変更することは出来ません。スケルトンリフォームを検討されている方は、購入前に確認をして下さい。

 

私は、土地を購入して住宅を建てている最中ですが、基礎工事だけでもそこそこお金がかかりました。しかし、このスケルトンリフォームであれば『基礎がある状態でフルリフォーム出来るので、ゼロから住宅を建てるよりも費用を抑えることが出来る!』というわけですね。。。

 

私だけではなく、きっと多くの方がこう思っているはずです。

 

しかし。。。

スケルトンリフォームは、決して『安くリフォームが出来る』というわけではありません!!!

 

↑でも書いている通り、スケルトンリフォームとは骨組み以外をすべて建て替える、かなり大がかりなリフォームです。当然ながら解体費用もかかりますし、基礎部分以外は新築で家を建てる(購入する)のと変わりません。

当たり前ですが、キッチンやお風呂・トイレやクロス等、全てを変えるわけですから。

 

やり方を間違えると、新築を建てられるほどのお金がかかります。むしろ全国規模のハウスメーカーであれば、新築が建ちます。

しかも、今の新築の住宅基準は”断熱性能・耐震性能”はかなり高レベルです。






こういう部分をどう考えるか?ですね。

 

それでも『私はスケルトンリフォームを考える』という方は、↓のことに気をつけて下さい!

【業者の選定】

何回も言うようですが、スケルトンリフォームは新築を建てるのとそう変わりません。その為、信頼出来るリフォーム会社にお願いすることが必須になります。

私も、設計士選び等についてはかなり苦労しました汗

【その記事はこちら】

「 設計士・工務店の選び方 」一覧

【ピンポイントの記事はこちら】

設計士を選ぶ際に気をつける5つの点!あなたは設計士を信頼出来る?

 

『新築を建てる』ことも『スケルトンリフォーム』することも、同じくらいお金がかかり、業者選びを失敗すると明るい未来が無い…ということを頭に入れておくと良いと思います。

 

※↑こう言っておきながら、実は…私も未だにビビッています。設計士・工務店を信用していいのか?と。。。きっと住宅が完成するまでは、この気持ちを持ち続けるのだと思います汗

 

よし!今出来ることをしよう汗

【関連記事はこちら】

住宅の基礎工事について。施主(オーナー)が出来ることってあるの?