昨日の出来事です。

自宅付近の空き地になにやら看板が。よくよく見ると…

『”●●マンション建設予定地”との文字が』


正直、とてもビックリしました。

なぜかと言うと、その土地はお世辞でもマンションが建つような大きな面積の土地ではないからです。

 

「えっ!?こんな小さな土地でもマンションって建つの???」

 

これが私の感想です。

その建設予定地の周りには大きな集合住宅は無く、どちらかと言うと一戸建てが多いような場所だったので、余計にそう思いました。

 

そこで、私の脳裏に1つの不安がよぎりました。。。

それは、私が購入した土地の前にある、(まあまあ)大きな駐車場のことです。

↓が、私が購入した土地です。※青い”売り地”の部分です。

3方向がビッチリと建物に囲まれていますが、唯一道路を挟んだ反対側が駐車場になっている為、(少しだけですが)圧迫感が緩和されています。まぁそれでも圧迫感ありますが…汗

【私の土地についての記事はこちら】

土地を購入する際の注意点!自分の希望の土地は絶対に見つかりません

 

駐車場の向こう側は、比較的大きな公園になっている為、景色はそれなりに期待出来そうな感じです。(私は2階にリビングをつくるので)

【2階リビングの記事はこちら】

2階がリビングの家って住みやすいの?メリットとデメリットは??






※駐車場の向こう側のイメージです↓。

 

↑の画像では、この駐車場自体があまり大きく見えませんが、実際は車が30台前後止めることが出来るくらいの大きさです。(近隣の方がこの駐車場を利用しています)

 

実は、私はこの土地を購入する前に、法務局で駐車場の持ち主を調べて、会いに行ったことがあるんです汗。

 

私:「(インターホン越しで)駐車場の前の土地の購入を検討している者ですが、近い内に売却したり集合住宅を建てる計画はありますか?」

持ち主:「(きっと不動産屋の営業と勘違いされたのでしょう)売るつもりも集合住宅にするつもりも無い!ガチャ」

 

と。

こんなやり取りがあったんですね。声が年配の方だったので、子供に相続する時にひょっとしたら一波乱あるかもしれませんが…、少なくともそれまでは売るつもりが無いのかなぁ…とは思いました。これが決め手でありませんが、土地を購入することを決める1つの材料になったことは確かです。

(でも、”絶対”の保証ではありませんので、そうなった時は自己責任ですね汗)

 

土地によっては、役所などで今後の計画を確認出来ることもあるようですが、この駐車場のように個人の所有物の場合は難しいかもしれません。

↑でも書いている通り、未来の”絶対”の保証はありませんが、法務局で持ち主を調べて、直接話を聞かせてもらうのが一番だと思います。

 

その際は、私のように不動産屋さんや変な営業と勘違いされないように。。。