皆さんは”スリーインワン”という言葉を聞いたことがありますか?

日本で”スリーインワン”を採用している住宅は、あまり無いかもしれません。

 

”スリーインワン”と呼んでいいのか?は分かりませんが…汗

マンション、それも1ルームや1Kは、規模が全然違いますが一応そうなのかな???


スリーインワンとは、『浴室』『洗面室』『トイレ』が同じ場所にあるスペースのことを指します。

↓のスリーインワンは凄すぎますね!!!

リノベりすのHPより抜粋

https://renoverisu.jp/case/p/oceans-open_ldk_relax/

 

さて。

このスリーインワンですが、一体どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

まずは、メリットから見てみましょう。

【メリット】

①オープンな空間がつくれる…

通常であれば、『浴室』『洗面室』『トイレ』は別々の空間にあります。しかし、このスリーインワンは、1つ1つを細かく区切らずに1つの空間にまとめることで、スペースに余裕を持たせることが出来ます。↓なんて、本当にのびのび使えそうですよね。まるでホテルみたいですもん。

MISAWAのホームページより抜粋

http://www.misawa.co.jp/reform/oyakudati/2010/09/01.html

 

②明るい…

オープンなつくりの為、空間が明るくなります。『トイレがめちゃくちゃ暗い』という住宅を見たことがありますが、そういうことが無くなりますね。






では、次はデメリットです。

【デメリット】

①一緒に使えない…

例えば、家族の一人がお風呂に入っていたとしたら。同じスペースにあるトイレや洗面台を使うことが出来ません。家族が多いと、これはデメリットに感じるかもしれません。家族の誰かが朝シャン(古い…汗)していたら、トイレや洗面台は使えないわけですから。

朝のバタバタした時間帯は大変かもしれません。

 

②来客時の対応…

お風呂というスペースは、まあまあパーソナルな部分だと思います。人によっては、あまり見られたくないと思うかもしれません。しかし、スリーインワンの場合はお風呂が丸見えです。スリーインワンを採用する場合は、お風呂は常にキレイにしておく必要があります。

お風呂を見られたくないという方は、避けた方が無難ですね。

 

以上のようなメリット・デメリットがあります。

個人的には、賃貸であれば問題ありませんが、自分の住宅となると少し抵抗があるなぁ。こんな大きな空間だと、ゆっくり”用”が足せないかも。なんていうんですかね…落ち着かなさそう汗。

 

リフォーム等でスリーインワンを検討している方は、上記のメリット・デメリットを頭に入れておくと良いと思います。