コンパクトな住宅が流行っていますね。

過去記事でも触れているので、気になる方は是非みて下さい。

【その記事はこちら】

狭小土地に狭小住宅(極狭小住宅)を建てる!年々増えている理由は?

無印良品が価格300万円の小屋を販売!?住みやすさはどうなの???


さて。

そんなコンパクトな住宅の中から、今日は”究極”のコンパクト住宅を紹介します。

 

それは。。。

タイニーハウス(=小さな家)です!

↑で紹介した無印良品の小屋も、タイニーハウスです。

 

このタイニーハウスですが、大きく分けると2種類のタイプがあります。

①固定型・・・

しっかりと基礎工事を行って、住宅を建てるというモノ。無印良品のタイニー住宅もこれに当てはまります。

TiNY HOUSE SWOONのホームページより抜粋

http://tinyhouseswoon.com/alpha-tiny-home/

 

②移動型・・・

車輪が付いていて、牽引が出来るモノ。トレーラーで引っ張れば、どこでも行けます。ハイグレードなキャンピングカーと言っていいかもしれません。

【キャンピングカーの記事はこちら】

アウトドア必須アイテム!?キャンピングカーのメリット・デメリット

ミニハウス屋のHPより抜粋

http://as-japan.com/mini3/s-tiny/tinytrailer

 

なぜ、このようなタイニーハウスが流行っているのでしょうか?






①新車を買うよりも安い!?・・・

無印良品のタイニーハウスは300万です。300万と言ったら新車で乗用車を購入するよりも安いです。

 

②シンプルな生活が浸透している・・・

近年『生活に必要な最低限のモノ以外は、全て捨ててしまう』といった”断捨離”なる言葉をよく耳にするようになりました。『モノを持たない=広いスペースは要らない』ということですね。

 

③行先不安な情勢・・・

こんなことは、あまり書きたくないのですが…汗。やはりこの先の未来を考えると、どうしても希望が持てない。。。若者がお金を使わない(使えない)なんて声も耳にします。少子化も影響しているかもしれませんね。夫婦+子供1人であれば、そこまで大きな住宅は必要ありませんから。

↓のようにオシャレなタイニーハウスが造れたら、生活も楽しくなりますよね。

タイニーハウス千葉のHPより抜粋

http://kmfactory1.com/category11/

 

個人的には、移動式のタイニーハウスが良いなぁ。(まぁ、現実的に所有することは無理ですが…汗)

 

それでは!