私(奥様)は、キッチンをLIXILにするかCUCINAにするかで悩んでいます。

【その記事はこちら】

ショールーム編


過去記事を見てもらえば分かる通り、私(奥様)はアイランドキッチンを採用予定です。

それも一体型ではなく、お金のかかる二型です汗

【一体型・二型についてはこちら】

CUCINAのキッチンの天板を薄くする?そんなことって出来るの!?

 

そんなキッチンに絶対にあるモノ。。。それは水道です(当たり前ですね汗)

 

実は、LIXIL・CUCINAからはタッチレス(自動)水栓を進められ、頂いている見積もりも両メーカーともタッチレス(自動)水栓になっています。

デパートやホテル等のトイレは、自動の水栓になっているところが多いので、皆さん一度は使ったことがあると思います。手動に比べ、両方手が塞がっている場合でも水を出すことが出来る優れ物ですが、実際の使い勝手はどうなんでしょうか???

 

LIXIL・CUCINAの担当者の方は、↓のようなことを言っていました。

『新築の場合、タッチレス(自動)水栓を採用する方が多いですよ』

 

なんとなく分かる気がします。せっかく住宅を建てる(購入する)ので『タッチレス水栓にしたい!』と言うのは。実際、私もそう思っていますから。

手動に比べれば、値段が高いのは当たり前ですが、ここには投資すべきなのかなぁと。。。






でも、やっぱり気になるのは『デメリット』の部分ですよね?

友人にタッチレス水栓を採用した方がいるので、さっそく”使いづらい部分”が無いのかを聞いてみました。そしたら。。。やっぱり(当たり前ですが汗)いくつか出てきました。

 

➀水圧や温度が変えられない・・・

手をかざすと、根元で設定されているレベルの水が出てきます。『ちょっと強めに水を出したい』という時は、手動と同じように根元にあるレバーで調節が必要になります。

(水圧や温度を変えたい場合は『自動では出来ない!』ということですね)

 

②センサーの感度が凄すぎる・・・

商品にもよるとは思いますが汗。(手を洗わない時でも)水栓まわりに、手やヒジが近づくと水が出てしまったりするそうです。例えば、アイランドキッチンだと、水栓越しに食器や箸を渡すことがあると思いますが、場合によってはその都度”水”が出てしまうそうです。

 

このような『デメリット』???があるようですが、やはりトータル的にはタッチレス水栓を採用して良かった!と言っていました。

 

特に、汚れた手・泡だらけの手で根元のレバーを回すことが無くなった為、シンク周りが常にキレイに保てているのが嬉しいと言っていましたね。

 

よって。。。

私達も、タッチレス(自動)水栓を採用しようと思います!

実際の使い勝手については、生活をし始めてから、また書きますね。

 

でも…その前に、CUCINAさんにするかLIXILさんにするかを決めないとだなぁ。奥様に任せているので、あまり口を挟まないようにしよう汗。