住宅をつくる(購入する)方は、必ず悩むであろう窓ガラスの仕様。

私も、透明ガラスにするかフロスト(くもりガラス)にするかで、だいぶ悩みました。

※まだ確定していない箇所もあるから、悩んでいる最中ですね汗


過去記事でも触れていますが、私が購入した土地は3方向が建物に囲まれている土地です。

【その記事はこちら】

土地を購入する際の注意点!自分の希望の土地は絶対に見つかりません

 

私が購入した土地は、↓の青く塗られた”売り地”という箇所です。

 

ガッツリ囲まれているので、基本的に外に通じる箇所は、フロストガラスにしないとプライバシーを守ることが出来ません。

 

でも。。。やっぱり透明ガラスを使いたいですよね???

なので、1箇所だけ透明ガラスを使うことにしました。

それは。。。リビングとベランダ(テラス!?)の境界線の窓です。

 

↓の写真中央にある、屋上に丸い穴が空いている住宅が私の住宅です。

道路側にベランダ(テラス!?)があるのですが、そこだけ透明ガラスにします。

 

本音を言えば、全て透明ガラスの方が開放感があるのでしょうが、さすがに私が購入した土地では無理があるので断念しました。。。

 

でも

『ベランダ部分以外でも、透明ガラスも取り入れたい!』

 

という思いがあり、設計士の方と相談し、住宅の”室内 to 室内”の部分は透明ガラスを設置することにしました。






具体的な場所を言いますと、↓のような箇所です。※緑の点線部分です。

 

”室内 to 室内”であれば、外からの目は気になりませんから!

 

文字で書くと簡単なのですが、この件については”設計士の方”と”私(というよりも奥様)”でバチバチがありました汗。

 

↑の部分以外でも、寝室の壁の上部を一箇所だけガラスにしているのですが、透明ガラスにするかフロストガラスにするかで意見が割れました。

 

設計士「ここは絶対に透明ガラスにした方が良いと思います。寝室から見ると、この部分が透明ガラスになっているだけで、”抜け”が出来ます」

 

確かに寝室は、1階の一番”光”は入りづらいところにあります。少しでも開放感があるように見せる為には、この部分は透明ガラスの方が良いという意見は、理にかなっています。

 

しかし、私の奥様の意見はこうでした

奥様「玄関から寝室の天井が見えるのは、ちょっといただけない。。。”抜け”は分かりますが、ここだけは透明ガラスだけではなく、フロストガラスにして欲しい!!!」

 

超簡単に書きますが、間取りは↓のようになっています。

この緑の点線で囲まれた壁の上部(20センチ程度)を、透明ガラスにするのかフロストガラスにするかでバチバチしているんですね。。。

 

結局、この件については一度持ち帰り、後日擦り合わせることにしました。

個人的にはどっちでも大丈夫なのですが汗

でも、奥様がそうしたいのであれば、奥様に乗っかろうと思います。