10記事目

現在、設計士の方からの図面待ちなので、今日は色々な2世帯住宅について書きたいと思います。

 

2世帯住宅は、大きく分けて3つあります。

 

1つは【同居型】2世帯住宅。

実は、私の実家はこの同居型2世帯でした。
(と言っても、ごくごく普通の住宅にお婆ちゃんの部屋があった位で、2世帯と呼べる工夫は一切ありませんでしたが汗)

お婆ちゃんの部屋が8畳あったので、お婆ちゃんはその部屋を寝室兼リビングとして使っていましたが、その他のキッチン、お風呂、トイレ、洗面/洗濯機など水回りは全て共同で使用していました。


アニメ「ちびまる子ちゃん」や「サザエさん」の家を思い浮かべて下さい。まさにあの住宅が同居型2世帯ですね。

 

同居型2世帯の1番のメリットは、もちろんコストが抑えられること!!

 

キッチン、お風呂・・・2つ揃えるには、当然倍の値段になります。

そして、↑で上げたアニメもそうですけど、コミュニケーションが取りやすく、交流が保てるというのもメリットだと思います。

共働きの夫婦にとっても、両親が一緒に住んでいれば、子供の心配をする必要が減りますしね。

 

しかし、表裏一体とはこのことで、このコミュニケーションが取りやすい環境というのは、一方で最大のデメリットにもなります。

やっぱり、全てが共有スペースになるとプライバシーが無くなり、ストレスが溜まるものです。

 

嫁姑問題が多いのも、これが理由だと思います。離れて生活している時はすごく仲が良かったのに、一緒に住み始めたら仲が悪くなった…なんてことも聞いたりしますし。

私の実家も少なからず、嫁姑問題はあったように思えます。
まぁ、子供の前でバチバチは無かったですけどね。

 

一緒に生活するには、それなりのルールを決めることが大切だと思います。

 

キッチンを使う時間、お風呂の時間等…

でも…

昔は当たり前だった同居型2世帯ですが、現代社会には向いていないかも分かりませんね。

 

しか~し!!!

今回、私達が設計士から提案された住宅は、この同居型2世帯住宅なのです!ゆくゆくは【半同居型】にリフォーム出来るように作ってもらう予定ですが、どうなるんでしょうか???

 

私達の件は、都度綴っていきたいと思います。

【同居型2世帯の提案を受けた話はこちら】
理想の家造りの為に必要なこと。設計士と信頼関係が築けるか?

 

2つ目は【半同居型】2世帯住宅。

このパターンは「これだ!!」という定義は無いようですが、玄関を共有にして、キッチンや風呂・トイレ等の水回りは別々にするというのが一般的に多いようです。LDKは共有スペースにする等、バリエーションは様々です。

 

この住宅のメリットは、近すぎず遠すぎずの良い距離感で生活が出来ること!
そして水回りを分けることが出来れば、当然そのことについて考えなくて済みます。

また、玄関が1つなので、【同居型】同様、子供の心配も軽減されるはずです。

 

デメリットとしては、やはりある程度は別々の空間になっているとは言え、玄関は一緒なので【同居型】同様、お互いのプライバシーの問題があるかと思います。
水回りを2つ作った際は、費用も2倍になりますので、ここもデメリットと言っていいでしょう。






私達は、当初このパターンの住宅を希望していました。
一緒に住む以上は、ある程度はコミュニケーションを取りながら生活したいという思いがあったので。。。

個人的には、子供が小さい間はこのパターンは一番いいのでは?と思います。

 

さて、最後3つ目は【独立型】2世帯住宅です。

その名前の通り、玄関から内部まで全ての空間を世帯ごとに分ける住宅です。マンションの上下階といったイメージでしょうか?

この住宅のメリットは、なんといっても完全に別々なので、お互いの世帯のことを一切考える必要がありません。気を遣う必要がないのは、やっぱり魅力的ですよね。
また、何かあった時は賃貸として貸し出すことも出来ますし、【独立型】はいいなぁと思います。

 

デメリットとしては、やはり費用が高いことに尽きると思います。ある意味、家を2つ建てるようなものなので、それなりのお金がかかります。
でも、デメリットとしては、お金のこと以外思いつかないなぁ。

 

とは言え、個人的な意見としては、せっかく親と一緒に住むという決断をしたのに、このパターンだと「1週間顔を合わさない」なんてことも全然あると思うので、それはそれで少し淋しいのでは???とも思いますが。

※私は18歳で実家を離れ、その後は一度も実家で生活をすることが無かったので、親と生活をするというのはある種の大きな決断です。なので、↑のような考え方になっているんでしょう。

 

でも、奥様(もしくは旦那様)のことを考えれば、気を使わずに生活出来る環境というのは【独立型】2世帯なので、やはり人気があると思います。

世の中には、色々な家族の形があります。

皆が快適に生活出来る住宅を造る為には、ご家族でよく話し合うことだと思います。

※まだ住宅が建っていないにも関わらず、偉そうにすいません汗

 

さて、次回は新しい図面についてお話出来るかと思います。

お楽しみに!!!