『なんだか難しそうだなぁ…』と感じてしまう言葉ですね。。。汗

これは”瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)”と読みます。

では…この”瑕疵担保責任”とは、いったいどんな意味なのでしょうか???


まず”瑕疵(かし)”ですが、一般的には『傷』『欠陥』『欠点』のことを指します。

 

瑕疵担保責任とは『住宅の売買』や『その他の有償契約』の時に、その住宅において”目には見えない”隠れた瑕疵(傷や欠陥、欠点)があった場合は、売り手が買い手に対して負わなければいけない担保責任になります。

 

新築住宅を購入した方は、購入してから10年間は法律で瑕疵担保責任が適用されます。

この10年間のあいだに『雨漏り』や『建物の主要構造部分(例えば柱、床、梁、屋根又は階段)』に、生活をしていく上で大きな瑕疵(傷や欠陥、欠点)があった場合は、ハウスメーカー(販売元)や施工会社(工務店)は、購入してくれた方(買い主)に対して、責任を取らなければいけません。

 

でも。。。大手ならともかく(と言うか…もうこのご時世では、大手だったら安心という考え方は存在しないのかもしれませんが汗)、中小企業の場合、10年持つ会社の方が圧倒的に少ないと言われています。もし、自分がお願いをしたハウスメーカーや施工会社が潰れてしまっていたら、どうなるのでしょうか?

又は、会社は存続していたとしても、その瑕疵の責任を取るのに十分な資金がなかったら?






購入者は泣き寝入りですか???

それでは、あまりにも不憫ですよね(住宅が完成したら、私も対象者になるので人ごとではありません汗)。

 

このようなことが無いように作られたのが『住宅瑕疵担保履行法』です。

平成21年の10月以降に引き渡しをする住宅については、住宅提供者の保険の加入(又は補償金の供託)が義務付けられるようになりました。

(ちなみに。。。この義務を果たせない新築住宅は引き渡し出来ません)

 

この法律によって、私のような買い手は守られているわけですね。

工事請負契約だったり売買契約を結ぶ際は、この瑕疵担保責任についての説明が必須となっています。(多分)ほとんどの会社がこの保険を利用していると思います。

 

『保険の対象はどこまでなのか?』『期間はいつまでなのか?』『保証内容はどういったものなのか?』などなど…

 

余裕のある方は、この保険の中身もしっかりと理解しておくと良いと思います。後から『こんなはずじゃ無かったぁ』とならない為にも!