『梅雨にまとまった雨が降らない』『ダムの貯水量が50%を切った』…etc

どれだけ生活が豊かになっても、必ず起こる水不足。

今日は、家庭で出来る対策について書きたいと思います。


”エコ”や”リノベーション”など、自然やDIYが流行っている(?)現代。

太陽光の普及により、自家発電をしている方は多数いらっしゃると思いますが、生活水を自分で確保している方はどれくらいいるのでしょうか?

 

災害時の為に、ペットボトルを常備している方は、きっと多いでしょう。

しかし、生活水として”雨水”を貯めている方はあまりいないと思います。

 

もし。。。雨水を生活水にするとしたら…どのようなメリットがあるのでしょうか?

【メリット】

①節水・・・

蛇口をひねることが減りますので、当然節水になります。ろ過装置を使って『雨水⇒飲み水』にしている方は少ないと思いますが、掃除や洗車に使ったり、植物に水をあげる時に使うことも出来ます。私のようにメダカを飼育している方も、雨水はカルキ抜きをする必要が無いのでメダカにとっても優しいですね。

【お魚日記はこちら】

初心者でも出来るアクアリウムの始め方。最初はみんな初心者でした!

水槽の水草について。本物の水草の『メリット』『デメリット』は?

 

②災害対策・・・

近年、日本列島を台風が直撃していますが、自然災害によって断水になった時、困った経験はありませんか?飲み水については確保出来たとしても、トイレが流れなかったり、食器を洗いたいと思っても、蛇口から水が出ません。当然髪や身体を洗ったりすることも出来ません。このような非常時に、貯水タンクがあれば(一時的ではありますが)対応することが出来ます。

 

うーん。雨水はタダなので、貯水をしておいて悪いことは1つも無いんだろうけど。。。

そもそも貯水タンクってどこで買えるの???






貯水タンクですが、ホームセンターやインターネットで簡単に購入出来ます。

住宅に設置する貯水タンクは、50~500リットル程度のモノが主流になっていますが、商品によっては1000リットルを超えるような大きいタンクもあります。

 

素材は、”ポリエチレン””ステンレス””木製”などがあります。

さまざまな形や色の貯水タンクが販売されていますので、自分の好みに合ったタンクが見つかるはずです。

気になる価格ですが、5万円以内で購入出来るモノがほとんどですが、↑でも触れているように1000リットルを超えるような大きいタンクは10万円以上するモノもあります。

Amazonでも、多数販売されています。

 

また、自治体によっては助成金が出るところもあるようです。各自治体によって金額は異なりますが、購入費用(設置経費込み)の2分の1又は3分の2の額(上限1万~5万円)が多いようです。

気になる方は、お住まいの地域の自治体に問い合わせてみると良いと思います。

 

さて。。。この分野ですが、私も興味があります!

無事に住宅が完成して、新生活をスタートすることが出来たら、貯水タンクの設置を考えたいと思います。

(私の場合は、もっぱらメダカの水槽用の水になるだろうなぁ。。。汗)