”リフォーム”と”リノベーション”

中古物件を購入する(した)方であれば、一度は”リフォーム”と”リノベーション”の違いについて、疑問を持ったことがあるのではないでしょうか?

最近はリフォームよりもリノベーションという言葉を良く耳にしますが、いったい何が違うのでしょう。


というわけで、今日は”リフォーム”と”リノベーション”の違いについて書いていきたいと思います。

 

【リフォーム】

一般的には、老朽化した建物(部屋)を元の状態(新築)に戻すことを指します。

賃貸物件でも『退去する際は必ず入居時の状態に戻して下さい』と説明を受けることがありますが、ほとんどの賃貸物件は原状回復(元の状態に戻して)をして次の方に貸していきます。

 

【リノベーション】

すでに存在している建物を、今以上に住みやすくなるように、設備や性能を新築の状態よりも良くさせたり、価値を高めていくことを指します。

 

なるほど。元の状態に戻すのがリフォームで、元の状態以上に住みやすくするのがリノベーションかぁ。でも。。。これって人それぞれで感じ方が違いますよね???

 

そうなんです!

実は、リフォームとリノベーションには国で定められている明確な線引きがありません。

それぞれの会社が、それぞれの解釈で『ウチはリフォーム会社だ!』『私達はリノベーション会社だ!』と使い分けているというわけなんですね。






とは言っても、そうなるとややこしいので、↓のような線引きをしているとかいないとか?

『システムキッチン』や『ユニットバスの入れ替え』『クロスの貼り替え』等、比較的小さめな工事は【リフォーム】『間取り』『配管等の変更』など大規模な工事は【リノベーション】と。

 

でも。。。以前に”スケルトンリフォーム”について書きましたが、骨組み以外は全て建て替える為、そういったら『スケルトンリフォーム=リノベーション』だよね???汗

【スケルトンリフォームに関する記事はこちら】

スケルトンリフォームについて。費用は新築よりも安く済むの???

 

ややこしいなぁ。やっぱり、人それぞれの判断でリフォーム・リノベーションの線引きをするのが一番いいのかも。。。

 

個人的には”リフォーム”という響きよりも、”リノベーション”という響きの方が格好よく聞こえるので、ゆくゆく2世帯にする時は『リノベーションします!』と言おうと思います!!

【私が2世帯を考えている記事はこちら】

理想の家造りの為に必要なこと。設計士と信頼関係が築けるか?