※(↑の画像はイメージ図です。私の地鎮祭の写真ではありません汗)

さぁ、無事に執り行うことが出来た”地鎮祭”について書きたいと思います。

いやー、本当に無事に終わって良かった!!


地鎮祭とはどういう儀式かと言うと???

まず知らない方の為に。これは地鎮祭(じちんさい)と読みます。住宅(建物)を建てる際に、現場で働く職人さんが怪我をすることなく、安全に工事を行うことが出来ること、そして住宅(建物)の繁栄を祈る儀式です。

 

工事着工前に、工事の無事を祈るわけですね。

そして、地鎮祭を執り行うに辺り、神職の方にご祈祷をお願いする必要があります。私は知り合いにそのような方がいなかったので、工務店の方にお願いをしました。

 

気になる”御初穂料(神職の方へのお礼)”ですが、私は3万円を包みました。この金額は自分で決めたわけではなく

『大体相場は3万円だから、3万円を包んだら問題ないですよ』

と工務店の方に教えてもらったからです。さすがに分からないですからね汗

 

次は地鎮祭で使うお供え物についてです。

予め工務店の方から、下記のモノを用意するように言われていました。

結構用意をするモノが多いと思いませんか???

”鰹節”は、削る前の固いヤツ↓です。これは市場まで買いに行きましたよ汗

また市場に持っていけば、無料で削ってくれるみたいなので近々行かねば。。。






当日、儀式終了後にみんなでご飯を食べるらしく、オードブルやドリンクも依頼されました。私は、”ほっともっと”でオードブルとおにぎりプレート、ドリンクはお茶やらコーヒーやらを買いました。

 

私の知り合いで『お供え物やオードブルは、全て工務店で用意してくれた』という方がいます。施主(家を建てる人)にとっては、工務店に任せた方が負担が少なくて済みますが、工務店も代行業務として受ける為、自分で揃えるよりも多少割高になると思われます。

少しでも地鎮祭の金額を抑えたい方は、面倒臭いですが私のように自分で用意することをおススメします。

 

さて、次は服装ですが。一応神聖な儀式の為、正装をするに越したことはありません。中にはスーツでネクタイは当たり前!なんて書かれていたサイトもありました。

 

私は事前に工務店の方に相談したのですが、工務店の方曰く

「●●さん(私の名前)が決めて大丈夫ですよ。神聖な場ではありますが、絶対に正装しなければいけない!というルールはありません。私は作業着で参加させていただきます」

とのことだったので、その言葉に甘えてポロシャツで参加しました汗

 

これがその時の写真です。真ん中が私です。

スーツにネクタイとは程遠いですが、こんな感じの服装でも大丈夫でした。

 

地域によっては、その土地のルールがあるかもしれません。

でも、設計士の方・工務店の方に相談すれば教えてくれますので、心配は要りませんよ!

 

何はともあれ、私は無事”地鎮祭”を執り行うことが出来ました。

さー、いよいよ工事ですね。事故なく安全に工事が進んでいくことを願っています。