私の住宅は、ウッドデッキを採用する予定です。

タイルデッキが頭に無かったわけではありませんが、色々メリット・デメリットを考えると…

【タイルデッキについての記事はこちら】

タイルデッキの魅力について。メリットとデメリットを教えて!

ウッドデッキには”天然木”と”樹脂木(人工木)”があります。

以前に”樹脂木(人工木)”については書きました。

【その記事はこちら】

樹脂木(人工木)のウッドデッキ。メリット・デメリットを教えて!!

 

本日は、私が採用しようとしている”天然木”のウッドデッキについて、メリット・デメリットを書いていきたいと思います。

まずはメリットから。

 

【メリット】

①裸足で歩いた際の感触…

足の裏に当たる肌触りと呼ぶべきでしょうか???なんせ、天然木と樹脂木では裸足で歩いた際の感触が全然違います。やっぱり天然木の方が温もりがあります。この感触は、”樹脂木””タイル”ともに、ひっくり返っても勝てないでしょう。

 

②夏でも温度調整してくれる…

樹脂木のウッドデッキ、タイルデッキは長時間直射日光を浴びると、裸足では歩けないくらい熱くなります。真夏の砂浜で、砂が熱すぎてうまく歩けなかった経験はありませんか?イメージとしてはあんな感じです。それに比べ、天然木は『熱が伝わりにくい』という特性がある為、同じ状況になったとしても、そこまで熱くなりません。

 

③費用が安い…

樹脂木・タイルに比べ、天然木は安いのが特徴です。(もちろん商品にもよりますが)

 

では、逆にどんなデメリットがあるのでしょうか???




【デメリット】

①こまめにメンテナンスをする必要がある…

私が懸念している部分です。どうしても天然木は、樹脂木やタイルに比べ、劣化しやすいです。その為、マメにメンテナンスをしなければなりません。メンテナンスをしないと腐敗してしまったり、シロアリの餌食になってしまいます。

 

②ランニング(維持)費用がかかる…

①のことから、当然メンテナンス費(ランニングコスト)がかかってきます。また天然木はトゲやささくれが発生する可能性があります。せっかく裸足で歩いた際の感触が最高なのに、トゲがあってはたまりませんからね。

 

③日焼けする…

長時間、太陽の光を浴び続けている部分とそうでない部分では、木の濃さが変わってきます。いわゆる日焼けってヤツです。情けない状態のウッドデッキを何回か見たことがあるので、気になるなぁ。。。(ウチの実家も数年前に、後付けで庭にウッドデッキを設置したのですが、パラソルで日陰になっている部分と、ずっと日光が当たっている部分では、既に木の色が違っています汗)

 

以上のようなメリット・デメリットがあります。

私はウッドデッキにするのは間違いないのですが、正直言うと迷っています。設計士の方は、完全に天然木推しですが、どうしても『メンテナンスが出来るかなぁ…』と考えてしまうんですね。ウッドデッキの色が変色するのもイヤだし。

 

でも。。。きっと”天然木”のウッドデッキにするんだろうなぁ。

そうなった時の為に、メンテナンスの勉強をしないと。

後、日焼けしにくい”天然木”があるのか聞いてみよう!!!